教育目標

教育方針

「国家社会の有為な形成者として、広く世界的視野に立ち、
      新しい文化の創造と発展に寄与する若人の育成を期する。」

校訓

  

自らを律せよ

指導目標

 

さわやかな目・豊かな心・確かな手を育てる

平成28年度重点目標

夢を育み、志高く個性を伸ばす教育の推進
〜生徒一人一人を大切にした指導の実践〜

平成28年度マニフェスト

生徒一人一人を大切にした指導

 生徒一人一人を大切にした指導を行うために、担任は学期に1回以上、生徒全員と個別面談を行う。

学習指導

○ 授業評価アンケート中の「授業の内容がわかる」という回答90%以上を目指す。

○ 学力格差に対応したきめ細かな個別指導を行い、基礎学力の定着、学力と技術力の伸長を図る。

○ 校外展へ1人1点以上応募し、校外展入賞65点以上の成果を収めること。特に県展においては出品作品の70%以上が入選以上の成果を収めることを目指す。

生徒指導

○ 家庭との連携を強化し、欠席者1日2名以内、遅刻者1日2名以内、1か年皆勤者30%以上を目指す。

○ 交通ルールやマナーの遵守に努めさせ、交通事故0を目指す。また、自転車運転時のヘルメット着用率100%を目指す。

進路指導

○ 美大等を中心に、志望する大学等への進学率100%を目指す。

○ 就職講座の継続的実施と各種資格取得奨励により、希望者全員の就職を実現する。

豊かな心の育成

人権を尊重した環境作りに努め、いじめ問題の発生を防ぐ。

日々の学習活動や制作活動、学校行事等を通して、自尊意識を高め、社会性を育てる。

開かれた学校づくり

「参加したくなるPTA活動」を目指し、PTA活動の参加率向上を図る。PTA総会への参加率35%以上を目指す。

制作活動やボランティア活動による地域貢献を積極的に進める。

広報活動を充実させ、ホームページ1日100アクセスを目指す。

プリンタ出力用画面

コンテンツのトップ 次のページ
グランドデザイン