ブログ

とべぶんBlog

mission : 絵馬、始動。

今年も始まりました。1年生の美術部員のみんなが下地作りに勤しんでおりました。

デザイン科長がそばで細やかに声をかけてくれます。

カマキリさんも応援してくれていました。

仕上がりまでの軌跡を記していこうと思います。

子どもたちがやってきた

砥部小学校の2年生と保護者の方々が、地域理解学習のため砥部分校へ、見学に来られました。

陶芸室や写真現像する暗室、写真スタジオなどデザイン科ならではの教室を見学されました。

 その中でも高校2年生の実習でデッサンをしている教室では、リアルに描かれている作品に釘付けになり

「すごい!」「どうやったらこんなに描けるの!?」と驚きの声があがりました。

  砥部分校のお姉さんお兄さんたちは、子どもたちの訪問でとっても和んだひと時でした笑う

 

教科書に載ってるよ。

昨年度の高文祭で優秀賞を受賞した、3年(既卒)  和田 奈々さん(拓南中出身)の作品「深緑」と、2年(現3年) 東海林春希さん (川内中出身)の作品、「とがる」が教科書に掲載されています。

光村図書のウェブサイトでもご覧いただけます。高校美術I → Art by Students  →「風景を撮影する」と「自己を表す」の中にそれぞれ見つけられます。

 

 

 

 

「面河渓国」のどこまでも続く緑

 

 

 

とがった感性が溢れた作品。

 

 今は、他の受賞作品とともに廊下に架けられています。生徒たちは何気ない時間の中で、豊かな感性と努力がにじんだ多くの作品に囲まれて毎日過ごしています。その積み重ね、これって、心にすごく大切なことですよね。

 

 

第2回 中学生対象陶芸教室

11月20日(土)本日は第2回陶芸教室が開催されました。

県内から10名の生徒の皆さんが参加されました。今回は「削り」。器を削って使いやすい形にします。

「手間暇かけて仕上げていただきます♪」

先生たちの実演を食い入るように見つめる皆さん。

「ムズかしい~」と笑顔で困っている様子がかわいらしい。

作業に心がこもります。

皆さん、体調を整えて、次回、12月11日(土)の第3回:「絵付け・施釉」にもいらしてくださいね。おまちしております^^

 

第35回 愛媛県高等学校総合文化祭

文化部のインターハイ「高文祭」が始まりました。

限られた時間の中で、とべぶん生も作品制作に取り組んでいました。

 

今回は、「美術・工芸部門」4名と「写真部門」3名の作品が展示されています。うち2作品が全国大会出場の運びとなります。 

美術・工芸部門 優秀賞(全国大会出場) 「気色」2年 阿部 穂奈美(伊予中出身)

写真部門 優秀賞(全国大会出場)「一心に」2年 渡部 琉歌(琴浦中出身)

 

美術・工芸部門 「空想」優秀賞 2年 飯野 志帆奈(愛大附属中出身) 

 

美術・工芸部門 「狭間」奨励賞 2年 篠原 志公(岡田中出身)

写真部門「ときはかきは」3年 渡邉 千絵里(砥部中出身)

写真部門「ミチ」3年 佃 真緒(砥部中出身)美術・工芸部門「夢現」2年 高橋 南帆(久米中出身)

リーフレット原画(パンフレット表紙絵)

2年 得井 ひより(砥部中出身) 1年 井上優月(久米中出身)

 

   愛媛県美術館 南館にて、11月21日(日)まで観覧できます。9:40〜18:00(20日(土)は終日観覧不可、21日は14:00まで)

 

家庭クラブ第2回奉仕活動!!

 11月18日(木)の放課後、家庭クラブの第2回奉仕活動を実施しました。

家庭クラブの生徒以外にも参加を呼びかけたところ、たくさんの生徒が集まってくれました!

普段の清掃だけではなかなか手が回らない、駐車場横の落ち葉の掃除と倉庫横の除草作業を行いました。

 

 30分ほどの活動でしたが、みんなで協力してとてもきれいになりました。終了後もみんな疲れた様子はなく、清々  

 しい顔をしていたのが印象的でした。

 参加してくれたみなさん、お疲れさまでした!ありがとうございました!またの参加をお待ちしております。

 

令和3年度 県立学校人権・同和教育訪問

11月16日は、とべぶんにて県立学校人権・同和教育訪問があり、県下よりおいでくださったたくさんの方に、

授業を見ていただき、また本校の取組についての発表を聴いていただきました。

 

始まる前には国語科の「命と人権について考える本」の紹介展示に立ち止まっておられました。

1年生 主題

「自分の身の周りに目を向けよう~自分らしく生きる(性の多様性)~」

PTAの方々にもご参加いただきました。誠にありがとうございました。

楽しい授業作品の数々を展示しました。

2年生 主題「水平の旗ひるがえる」

 

 

3年生 主題 「だれもが幸せな社会を実現させよう〜結婚差別の解消を目指して~」

 

全体会の様子

多くの方々のご参加いただき、

ご指導・ご意見を賜りまして、心より感謝申し上げます。

今後、日々の指導に生かして一層より良く生きるとべぶん生を育んでまいります。

 

 

修学旅行 DAY 2

小雨だそうですが、太陽、頑張ってます。みんなオーシャンビューを楽しんだかなあ?

「おはようございまーすっ」

まあ、朝から結構なボリュームですこと。

レオマ着いた!空もGOOD JOB!

「わ。さすがにこれは買...」→ってたわ。まさかだわね。

「あー、楽しかった!さあ!うちへ帰ろう!!」

気をつけて帰ってきてね。そして、土日は家の人にたっぷり旅の話をしてしっかり疲れをとってくださいね!引率の先生たちもお疲れ様でした!

修学旅行 DAY 1

「始まったぞー!」

四国水族館にて。

イルカ跳んでる!

「さっっっぶ!!」

「ひー、飛ばされるぅ!」

昼食は、鳴門のホテルで「ホテルオリジナルカレー」食べています。

お腹いっぱいになった後は、美しいもので目いっぱいに!大塚国際美術館にて。

You got much inspiration!!

1日の行程を終え、美味しい晩御飯が待ってました。

 「明日に備えて、しっかり食べるもんね!」

2日目に続く。

 

 

修学旅行の朝

いよいよ待ちに待った修学旅行に出発です。

お天気は心配ですが、テンションアゲアゲでいきましょう。

お見送りありがとうございます。

目一杯、楽しんできま〜す。

全国高校総体参加章ストラップ最優秀賞

県内の高等学校、中等教育学校、特別支援学校(中・高等部)に対して募集のあった、令和4年度全国高等学校総合体育大会「参加章(IDストラップ)デザイン」で、審査の結果、3年能田夏希さんのデザインが見事、最優秀賞に選ばれましたお祝い

 採用されたデザイン

 

「参加章」とは、令和4年夏に開催されるインターハイに参加する選手等に贈るネックストラップ式のもので、首にかけて使用します。今回採用されたデザインを選手や関係者の方々が使用する数はなんと約8万本!すごいですにっこり

 

そして、令和3年11月4日に令和4年度全国高等学校総合体育大会「参加章(IDストラップ)デザイン」の表彰式が開催されました。

   

県教育長様より賞状・記念品の授与がありました。

 

最後に応募した53名の生徒を代表しお礼の言葉を述べました。

堂々とした姿でとてもかっこよかったです。

 

教育長、副教育長様とデザインについて懇談もありました。

 来年の開催がとても楽しみですねキラキラ

茶道部のおいしい反省会

茶道部恒例の文化祭反省会は、指導者の中田先生お手製のあんこを使った和菓子作りとセットで行われます。

黒あん、芋あん、紫芋あんを組み合わせて命名が趣向を凝らし・・・

こんな和菓子ができあがりました。

おいしいお茶とお菓子をいただいた後で、一人ずつ文化祭の反省や今後の抱負を語ることができました。

制作中制作中おなじみのキャラクターや

令和3年度 文化祭

今日11月6日(土)はとべぶん の文化祭。 

 開会式は「いよいよ!」の緊張感。

「ダダン・ダン・ダダン!」

「大盛り上がりの『小生s』の発表」が終わり、

竹田先生率いる『TMC』ことタケダミュージッククラブの演奏

朴訥とした先生とアコースティックの音色はよくお似合い。

と思いきや、歌って踊れて古典も教えちゃう二宮Y先生の登場に沸く生徒のみなさん。

で、突然客席から「ぬぅーっ」と立ち上がり、歌声を響かせながら舞台へ向かう久保先生に、悲鳴にも似た歓声が湧き起こる。緊張してる先生は、なんだか可愛らしい。

PTAバザーにもデザイン科らしいグッズがずらり!

PTA作品展も、力作が並ぶ。

バザー及び、作品展にご協力いただきまして、誠にありがとうございました!!!

 

各ブースで、みんな活躍していました。

 つわぶきと歩愛ちゃんがお出迎え。

茶道部の「歩愛です。」

3年生の課題研究は毎年見るのが楽しいので人気の展示です。

じっと眺めてる人が多かったなあ。

廊下にずらりと揃うのは、2年生が絵と文で紹介する本。

清々しい写真が曇天を取り払うような作品

美術部はライブで制作を披露。

アニメ部は動画が流れてました。

プリントが間に合わないくらい注文が来てましたね。

ホントの話、この日は家庭科室が実におもしろいのです。

見ればわかる。来ればわかる。

有志のブースも手作り品のクオリティが高くて、迷ってしまうなあ。

今年も色々すごかった!ファッションショー。先生が踊った。

パンダも踊った。

「また、来年が楽しみだね!」

*「歩愛ちゃん」は、『茶道部の生徒さんデザイン/亀井製菓さん製造』の、お茶菓子です。

ファッションショーに出るべく、ベールを被っておしゃれしているのだそうな。華やかですね。

未だコロナの影響下にあり、イベントもフルボリュームで行えないもどかしさはありましたが、生徒のみんなのパワーは全開、保護者の方々の愛はガッツリ、もう、お腹いっぱい!という感じで終えました。早く、たくさんの中学生や卒業生のみなさんにも好きなだけ来ていただけるようになるといいな!準備に片付けにリハーサルに、みなさん、本当にお疲れ様でした!素敵な1日にありがとう。

後期県展見学会

10月29日(金)午後、後期県展見学会に行きました。

後期は、「洋画・版画・写真・デザイン」の展示となっており、多くの生徒が入選・入賞した作品が飾られました。

はじめに、デザイン科長から昨年度以上に高い入選率と高い評価をいただき、中でも注目の作品の鑑賞ポイントの紹介がありました。

 

 

館内では、飾られた自分の作品を嬉しそうに観覧する生徒や、他部門の作品を熱心に鑑賞する生徒の姿が見られました。

 

 入選・入賞に限らず、それぞれが自分の作品と向き合い、最後まで集中して制作する姿勢が素晴らしかったです。

来年に向けて、これからの制作活動も頑張ってください。 

中学生デッサン講習会

10月23日(土)午後より、中学生対象のデッサン講習会を行いました。

本来であれば、8月の実施でしたが、延期にも関わらず県内の中学生37名と多くの生徒に参加していただきました。

デザイン科教員2名と美大受験コースの2年生2名が指導にあたり、モチーフの配置、デッサンのコツ、実演、講評と中学生は熱心に講習会に参加していました。 

 

 

2年生 発想と技術を身に付ける授業

10月23日(土)、公開授業3日目。

2年生3,4限目はデザイン基礎です。

今日は、「進級制作のテーマ決め」が行れました。

 

いくつか上がった候補の中から、生徒主導のもと、テーマの精選と制作の方向性など最終決定に向けた重要な話し合いが行われました。

 1年生での基礎の学び、2年生の応用の学習を通して、31名が1つのテーマに向かってこれより制作に取りかかります。

 

完成した作品は、令和4年1月26日(水)~30日(日)に開催する「第56回 卒業制作展」と合わせて展示します。どんな作品ができあがるのか楽しみにお待ちください。

3年生 自分自身と向き合う授業

3年生3,4時限目は、課題研究です。

[美術]・[陶芸]・[グラフィックデザイン]・[ファッション]の4つのコースに分かれて文化祭での展示・発表に向けて制作に取り組んでいます。

 中でも、[グラフィックデザイン]と[ファッション]について紹介します。

 

・グラフィックデザインコース

このコースでは、手描きやデジタル、印刷技術、プロダクトデザインなど幅広いデザインの分野から生徒が主体的に取り組み、テーマを設定し成果報告に向けて作品制作に励んでいます。

これまでデザイン科で学び、身につけた、技術と知識を最大限に生かした自分自身と向き合う活動になっています。

 

 

・ファッションコース

このコースでは、文化祭の一大イベントとなるファッションショーに向けて、衣装のデザイン・裁縫、プログラム、舞台設計の全てを生徒主体で手掛ける授業が行われています。

 

どのコースの生徒も、進学や就職といった将来につながるよう主体的に学ぶ姿勢が伺えました。

 

ちなみに、本日2年生はデザイン系の授業はありませんでした。

 

明日10月23 日(土)は、公開授業3日目となります。

ぜひ、生徒の活動をご覧にいらしてください。

 

 

尚、今年度の文化祭は、昨年度と同様にコロナウイルス感染予防対策のため、在校生の家族のみの限定観覧となります。楽しみにしていただいていた中学生や卒業生、その他の方々には、大変申し訳ありませんが、ご理解の程よろしくお願いします。
 

1年生 手仕事を学ぶ授業

10月22日(金)、本日は公開授業2日目。

21日・22日・23日の3日間本校では公開授業を行っています。

 

1年生1,2時限目は工業技術基礎です。

[レタリング]・[印刷]・[ウッドクラフト]・[セラミッククラフト]の4つのコースに分かれて、全6回のローテーションで制作に取り組んでいます。

その中でも、手仕事につながる[ウッドクラフト]・[セラミッククラフト]を紹介します。

 

・ウッドクラフト「カトラリー(ジャムスプーン)制作」

 

木材に図案を描き、電動工具や小刀を使って仕上げていきます。

慣れない道具にまだまだ不格好な手つきですが、カトラリーは手に持って使う道具なので、手になじむかたち、すくいやすいかたちに仕上がるよう丁寧に完成に向けて制作されています。

 

・セラミッククラフト「茶碗の成形」

 

粘土のかたまりから、手びねり成形で茶碗を練り上げていきます。

こちらも手に持って使う道具なので、自分の手に収まる使いやすいかたちに仕上がるようバランスを吟味して成形しています。

 

 

砥部分校ならではの工業デザインの授業が伺えました。

 

第70回秋季県展見学会 [前期展]

10月20日(水)、陶芸を専攻の2・3年生6名で秋季県展前期展の見学会に行きました。

 

永田先生から作品の講評とその他工芸作品の解説が行われ、生徒は熱心に作品を鑑賞しました。

今年の第70回秋季県展工芸部門では、3名入選・3名入賞と陶芸専攻全員の生徒が受賞をいただきました。

 

 [特選] 2年 濱家さくら「籠魚恋雲」  [推奨] 3年 永木 涼夏「流」   [推奨] 3年 明賀 二葉「躍動」

   

第1回 中学生対象陶芸教室

 

10月16日(土)、中学生対象の陶芸教室が行われました。

県内8校の中学校から11名の生徒が参加し、本校の陶芸専攻の生徒が学ぶ「ロクロ成形」を経験しました。

担当の先生からロクロ成形の基本を教わり、カップや茶碗、お皿など、生活で使う器の制作を行いました。

なかなか思うような形になりませんが、どの生徒も熱心に楽しくたくさんの器を成形することができました。

 

この中学生対象の陶芸教室は、第1回「ロクロ成形」、第2回「削り」、第3回「絵付け・施釉」の全3回の講座となっております。

 

次回、11月20日(土)第2回:削り作業では、今回制作した器を削り、形を整えて使いやすい器に仕上げる作業になります。

中学生の皆さん、少し先になりますが楽しみにお待ちください。

 

 

「だまされん犬・サギサギボウシ」特殊詐欺防止キャラ誕生

松山東警察署より依頼を受けて、3年生がデザイン基礎Ⅲで制作したキャラクターたちの中から、有友彩夏さん(南第二中出身)と林美羽さん(旭中出身)のキャラクターが選ばれました。本日10月13日、eat愛媛朝日テレビにて17:00〜18:00のニュースで報道もされます。

 

2021年10月13日付愛媛新聞(掲載許可番号 d20211013-01)

 

この他にも、実はたくさんの楽しいキャラクターが生まれてまして、廊下でみんなを足止めしては、笑顔にしてくれてます。

 

有友さんと林さん作のキャラクターが、特殊詐欺被害防止のお役に立てますように!!

ブックトーク・メディカルトーク

 

9月17日金曜日 

愛媛県立図書館と愛媛県立医療技術大学から講師の先生をお招きし、「命」をテーマとしたブックトークとメディカルトークを行いました。

ブックトークでは、6冊の本を次々と紹介していただき、心や人権の観点から命について考えることができました。

メディカルトークでは、「寝たきり」の無い国デンマークのノーマライゼーションの考え方や、日本で車椅子生活を発信している方の活動を紹介し、改めてデザインとは何かを考える良い機会となりました。

2年生学年集会

 9月17日(金)2年生では学年集会が行われ、竹田先生の「利き木」の講話がありました。

5種類の木の匂い嗅いで、映画「となりのトトロ」に出てくる御神木を当てるクイズ!

 生徒は、嗅覚、視覚、触覚を頼りに利き木を楽しみました。

 

木工を専門とされる竹田先生ならではの講話で、生徒たちの感性が刺激されたことでしょう。

 

家庭クラブ活動 ーペットボトルキャップをお届けにー

 家庭クラブ活動の一環で、エコキャップ運動を行っています。

教職員・生徒のみなさん、いつもご協力ありがとうございます。

15kgほど集まったので、家庭クラブの会長と副会長が砥部町商工会へお届けに行ってきました!

このペットボトルのキャップは、世界の子どもたちのワクチン(ポリオワクチン)になります。

これからもこの活動を続けていきますので、ご協力をお願いいたします!

第59回 秋季大運動会

 

天候に恵まれ、最高の運動会日和。

今年の運動会テーマ『とべリンピック~金メダルは誰の手に!?~』です。

無観客での開催ですが、がんばっていきましょう

 

精一杯楽しむぞ!がんばるぞ!今日しかないぞ!

校長先生からオリンピックのような「元気」と「勇気」はもちろん、「笑い」や「感動」を   

             たくさんの場面で出会えることを楽しみにしています。と応援いただきました。

             

頑張りの数々をご覧ください。(他の方法でもご紹介できないか模索中です。)

 

   

   

 

  

   

  今年は、午前の部までに競技演目を終え、午後からパネル・チア・応援です。

 

 

 ここから、午後の部。

 

 

成績発表。上げたい歓声もぐっと抑え、拍手のみに。

限られた時間に追われるつらさ、やり切った達成感、しんどかった道中。いろんなことがよみがえって生徒会長の想いあふれるあいさつが素敵でしたね。

一人ひとりに金メダルをあげたいです!と校長先生からピッカピカのお言葉をいただきました。

最後はノーサイド!

とべぶんらしく、楽しく 仲良く 美しく!

生徒の皆さん、先生方、お疲れさまでした!今日はゆっくり休みましょうね!!

 

 

第二学期始業式

「あっという間に」、「いつの間にやら」、という感じで夏休みが終わり、今日からとべぶんは二学期です。

式の前に、表彰。

「ピシっ」 

コロナに加え、梅雨と見紛う長い雨、制限のあるオリンピックの開催と、ガマンの連続の夏休みでしたね、と校長先生。でも、二学期には芸術の秋、スポーツの秋が待っています。制限の多い開催となりますが、がんばりましょう!と応援の言葉をいただきました。

ド、ドーン!

夏休みの陶芸部

 

8月6日(金)陶芸部の2年生4名が制作した、絵付けのタイルを本館と特別教棟間の中庭床面に施工を行いました。

中庭には、経年劣化による剥離箇所があり、その剥離箇所の修繕を活動の目標にタイルの制作をしてきました。

 

タイルのデザインは、砥部分校西側を流れる砥部川が中庭に分岐し流れ、剥離箇所から中庭を泳ぐ魚が見えるようなデザインにしました。(フィクションです。)

 

施工箇所の掃除、周辺の補修、下地埋め、タイル貼り、仕上げと大変な作業ではありましたが、生徒は熱心に楽しく施工に取り組みました。

 

自分たちが制作した作品が、実際に使われることを経験できた良い活動となりました。

今後も引き続き、制作に取り組みたいと思います。

「知事とみんなの愛顔でトーク」

8月5日(木)、県内5高校の代表生徒が集い、「知事とみんなの愛顔でトーク」がWeb会議で開催されました。

本校からは3年生の重谷さんが参加し、砥部焼のPRや情報発信などについて質問しました。知事から若い窯元さんの新しい砥部焼への取組やバックアップ体制などについて説明していただきました。知事に直接質問するという貴重な経験ができました。今後、さらなる砥部町との連携や本校の特性を生かした砥部焼の魅力発信などの活動を充実させたいと思います。

 

 

 

夏休みの写真部「ピンホールカメラ体験」

ピンホールカメラとは、写真レンズを使わない針穴を利用したカメラです。

砥部分校では8月2日に写真部が「ピンホールカメラ体験」を行いました。

写真実習室の様子。砥部分校には写真の実習室があり、フィルム現像や印画紙の焼き付けをすることができます。

 

撮影・暗室作業の様子。写真左の手元に見えるのがピンホールカメラです。箱の中に印画紙をセットして、針穴から光を取り込み露光を行います。

暗室作業では「実験してるみたい。」と言う声もちらほら。集中していると時間があっという間に過ぎていきました。

出来上がった写真たち。モノクロ写真の味わいがあります。過去の現像したフィルムを使って、焼き付けの体験も行いましたにっこり

イラストレーション部校外展『ペチカの音』スタート!

 本日8月2日(月)から、愛媛CATV大手町オープンスタジオにて、本校イラストレーション部による校外展『ペチカの音』がスタートしました!

今年でペチカ展は第14回目を迎えます。今年のテーマは「音」です。イラ部の部員皆さんの個性豊かな作品で彩られました。

 ぜひ観に来てください!入場無料です!

 会場:愛媛CATV大手町オープンスタジオ1F

 会期:8月2日(月)~8日(日)9:00~18:00(最終日は15:00まで)

「文化部のインターハイ」、高文祭へいざ!

 第45回全国高等学校総合文化祭(令和3年7月31日〜8月6日)に、作品が選ばれた本校の3年生、中川歩さん(砥部中学校出身)が愛媛県代表として、デザイン科長の二宮先生と開会式に参加しました。

   

「文化部のインターハイ」と呼ばれる、高文祭(通称)。

我が校からの出場は本当に久しぶりです!

  

出発間際の様子をパチリ。良い刺激を受けてきてね。

 今年度の高文祭開催期間は、7/31(土)~8/6(金)です。和歌山ビッグホエールで行われる開会式の様子を追って載せていきます。

「文化部のインターハイ」と呼ばれる、総合文化祭。今回「紀の国わかやま総文2021」では、美術工芸部門以外にも、演劇や吹奏楽、将棋や弁論、小倉百人一首カルタ、自然科学ほか19部門の規定部門に加えて、特別支援学校、英語、軽音楽の協賛3部門の文化芸術活動に取り組む高校生が、日頃の成果を披露しました。

中川さんの入場時、スクリーンには坊っちゃん列車。

秋篠宮皇嗣殿下よりおことばをいただきました。

他校の生徒さんたちとも交流できて、よい作品に刺激も受けられて良かったですね。

後輩たちに、今回心に残ったことを、語ってあげてほしいと思います。

「美味しい情報」もね♪

 今回の総文祭参加は、コロナ禍において行く前からも行っている最中も何かと制限が多くて大変だったと思いますが、無事行程を終え、たくさんの見聞を得たことと思います。今後の活動にきっといい味を加えてくれるでしょう!中川さん、引率の二宮先生もお疲れ様でした!

令和3年度 一日体験入学

7月22日、今年は東は新居浜、西は伊方より70名の中学生の皆さんをお迎えして、一日体験入学を実施しました。

 

しおり表紙絵 (3年 佐藤来夢・久米中出身)

 

 

学校紹介では、週4回のクロッキーを実演で披露。慣れた様子で筆を走らせる過程を興味津々で見つめる中学生の皆さん。

【体験実習】

どのコースも、入念に準備をして、少ない時間で充実した体験を!という先生の熱意が伝わる空間。

保護者のみなさまと中学校の先生方には、その間、入試や入学後の生活についての懇談もありました。

先輩たちも、協力ありがとう!お疲れ様でした!

 

みなさんの「さわやかな目」にとべぶんはどう映ったでしょうか。もっと時間があれば!というコースもあったかもしれません。

また、別の機会に今日とはちがったとべぶんを見にきていただくのも楽しいと思います。本日は、ありがとうございました。

今日が、参加してくださった方々にとって、良き日となりますように!!

 

  

 

第1学期終業式が行われました。

令和3年7月20日に令和3年度表彰伝達・第1学期終業式が執り行われました。

 

表彰伝達では校内の各コンクールで成果を出した生徒や、全国高校生デザイン画コンクールでの受賞など校外の公募展で成果を出した生徒の表彰がありました。また、レタリング技能検定や日本語検定などの検定でも成果がありました。

梅雨も明けて夏の暑さが本格化してきました。まずは一区切り。骨休め、筆休めにっこり

夏休みに充実した時間を過ごして、行事の多い2学期に備えましょうね。

 

終業式の後には「1学期校内作品コンクール」の講評がありました。

 

最優秀賞 3年 中川歩さんの作品

講評では受賞者が「作品について」それぞれの言葉で話しました。教室や風景のありのままを表現しようとした人、自分の表現を追求しようとした人など様々な思いを聞くことができました。

作品を画像で比較している様子。どこが良いのか具体的に説明がありました。

2学期には県展制作がはじまります。講評の経験も生かして頑張ってくださいね了解

 

 

1年生性教育講話 演題「あなたに今、伝えたい」

 中予保健所より、講師として保健師2名の方をお招きしました。命の大切さを第一にして「思春期の体と妊娠の仕組み」「性感染症について」「SNSによる性被害の実例」など、豊富なスライドをもとに、ていねいに説明して頂きました。50分という限られた時間でしたが、1年生全員が真剣に聞き入っていました。夏休みに向けて、とても有意義な講話となりました。コロナ感染症対策でご多忙の中、本当にありがとうございました。

  

「1学期クラスマッチ」の様子

7月13日(火)に「1学期クラスマッチ」が行われました。

生徒会長あいさつ。「今日は楽しみたいと思っている人?」の質問に一斉に手が上がっています。はーい興奮・ヤッター!

準備運動をしっかりして、いざ本番。競技はバレーボールです。

普段は大人しい生徒も先生(クラスマッチの最後に優勝チームと教員が試合をしました)も今日は特別です。

教室のどこにいても聴こえてくるぐらいに、応援の声や歓喜の声が響き渡っていますお知らせ

どのチームもとっても楽しんでいましたね了解

 

 

「1学期作品コンクール」の投票

7月12日(月)に、先週行われた「1学期作品コンクール」の投票が行われました。

一つ一つのモチーフや構図が異なっていて、とても見ごたえがあります。

それぞれ良いと思った作品に投票しています。

結果が分かるのは1学期終業式です。

楽しみですね!

雨のおさまってきた作品コンクール

作品コンクールの後半。雨がおさまってきましたが、蒸し暑さが増してきました。

後半戦に備えたもぐもぐタイム。

時には離れて見ることも大切です。んーどこを描こうかな・・・。

6時間かけた作品が仕上がりました。見ごたえのある作品がたくさん並んでいますにっこり

みなさんお疲れさまでした。いっぱい働いた手や目もしっかり休ませましょう!

雨の作品コンクール

本日7月9日、雨。

作品コンクールは校内写生となりました。

小さいとべぶんにアーティストたちが点々と腰をおろす姿がありました。

雨音を浮かび上がらせる静寂を背景に、制作が進みます。

運動会結団式

運動会の結団式が行われました。

 

「紅龍」「珀鵬」の2グループで競い合います。

全校生徒がパネル・応援・チアダンスのパートに分かれ

夏休みを挟んで約2か月間の準備期間に突入しました。

9月5日(日) を乞うご期待。

 

家庭クラブ活動報告

 6月30日(水)に、第1回家庭クラブ講習会「防災ーポリ袋で非常食作りを学ぼうー」が、行われました。献立は、ポリ袋で作るご飯とツナカレーです。いろいろな非常食を見たり、実際にポリ袋を使ってご飯を炊きました。ツナカレーは、ポリ袋の中で混ぜて温めるだけで完成です。

 参加生徒からは、「初めてカレーにツナ缶を入れたので、どんな味か家で食べるのが楽しみです。ポリ袋で米が炊けるとは思いませんでした。」「簡単で楽しかったし、災害を意識できた。」「先輩や後輩と仲良くなれた。」などの感想がありました。

 避難訓練の後だったので、防災について考える良い機会になりました。

1学期の避難・防災訓練

 6月30日(水)、地震による火災発生を想定した避難・防災訓練が行われました。

生徒一人ひとりが身近な場所で安全を確保し、火災場所を避けた避難経路で避難しました。

また、全体での避難が完了した後に、各係で消火器や消火栓の場所も確認しました。

いざというときの準備、「心の準備」、「ものの準備」、家族との「連絡の準備」など、

再度確認してください。

 

今回は期末考査最終日に行われました。テストが終わってほっとしている時間の訓練でしたが、

みなさん迅速に行動できました。災害もテストも、日頃の準備がとても大切ですね。

皆さんテストもおつかれさまでしたにっこり

 

 

第1学期 クロッキーコンクール

 

第1学期のクロッキーコンクールが行われました。


[実施日] 6月7日(月)・8日(火)・10日(木)・11(金)の4日間

[条件] 
・描画材料は(B以上)とする。
・画面内に全身を入れる。
・モデルは制服を正しく着用し、教室中央を向く。
・ポーズは手を体の前で自然に組んだ「立ちポーズ」とする。 
・壁などにもたれたり、物を持ったりしないようにする。

 

 

クラスの投票を6月14日(月)に実施し、各学年において上位5名を入選者としました。
デザイン科教員が審査し、入選作品のうち優秀賞3点が選出されました。
 
 
 

    21R  阿部 穂奈美         21R 弘瀨 紗英           21R 渡部 琉歌
 


今回は2年生3名が優秀作品に選ばれました。2学期は1・3年生も優秀作品に選ばれるよう頑張ってください。

 

懸垂幕設置!

 6月18日(金)に新しい懸垂幕を設置しました!

 令和2年度の主な進学先について紹介しています。毎日毎日、実技対策をひたむきな姿勢で頑張ってきた先輩たち。今は大学での勉強を頑張っていることでしょう。今後の卒業生の成長が楽しみです。

 さらに今年は高校総合文化祭の全国大会に砥部分校から1名出場します!今年の全国大会は和歌山県で実施予定です。7月31日(土)の開会式で愛媛県代表を務めることにもなった中川歩さん。全国大会でレベルの高い作品をたくさん観て、刺激を受けて来て下さいね。今後の作品の変化が楽しみです。

 

とべぶん×FM愛媛「カモ☆れでぃ★Night!」ステッカー企画

FM愛媛「カモ☆れでぃ★Night!」という愛媛の10代を徹底応援する番組をPRするための番組ステッカーをとべぶん生徒が制作することになりました。6月18日(金)の放課後にデザイン打ち合わせ会を番組スタッフさんを交え実施しました。8名の有志で、それぞれのデザインコンセプトを話し合い今後のデザインの方向性を決めました。この打ち合わせの様子は番組でも取り上げられるので是非皆さん聴いて下さいね。今後どのようなステッカーになるのか楽しみにお待ちください。今週の水曜日の「カモ☆れでぃ★Night! 」でお会いしましょう。

 

 

1年生ケータイ安全教室がありました。

  

 NTTドコモ安全教室インストラクターの方から、ZOOMを使ったオンライン講義を実施して頂きました。

 高校生にとって身近で関心の高いスマホやSNSの使用上の注意点について、ていねいに教えて戴きました。

 便利なツールであるスマホも、使い方によっては友人関係のトラブルになることや、予期しない情報の拡散など、

自分を守るための大切な知識を得ることが出来ました。

 

 

 

美術系進学ガイダンスに参加しました。

 美術系進学ガイダンス(6月11日 松山コミュニティセンター)に1~3年の希望生徒が参加しました。
 令和2年度は、コロナ感染症の影響で校外ガイダンスが中止され、県外進学情報はオンラインが中心となりました。
 2年ぶりの校外ガイダンスは、感染症対策に留意しながら県外の大学・専門学校関係者と対面で説明を聞くことが出来ました。すべての参加生徒は、真剣に学校説明に聞き入って、積極的に質問していました。受験の参考となる作品や学生の活動した記録を間近で見ることができる貴重な体験となりました。

家庭クラブ活動報告

 6月10日(木)に家庭クラブの第1回奉仕活動を行いました。今回は、トイレットペーパーホルダーの洗濯と設置、トイレ掃除も行いました。参加者は、11人と少人数でしたが、みんな熱心に取り組みました。

参加した生徒の感想は、「初めてトイレ掃除をしたので、掃除の仕方がわからず戸惑いました。疲れたけど、きれいになったら気持ちがよかったです。2学期も頑張りたいです。」でした。

奉仕活動は、2学期もあるので、皆さん、ぜひ参加して学校をきれいにしましょう!

令和3年度デザイン講演会

 5月28日(金)6限目に全校生徒を対象にデザイン講演会を行いました。砥部分校では毎年、業界で活躍する方々に、ものづくりの実際について指導を受けています。今年度は講師として地元の企業である(株)LINK・WOOD・DESIGN代表取締役社長 井上大輔先生をお迎えし、「これからクリエーターを目指す若者にエールを!」という演題でお話いただきました。
「デザインは一人ではできない」ということ、デザインする人とお客様であるクライアントの関係が大切だと学ぶことができました。

井上先生、貴重なお話ありがとうございました。

前期生徒総会・家庭クラブ総会

 

5月26日(水)令和3年度 前期生徒総会と家庭クラブ総会が行われました。

今回は、視聴覚教室よりTeamsを使いリモートにて実施しました。

総会は、令和2年度行事・会計決算報告、令和3年度行事計画・会計予算案の審議や生徒からの要望事項報告、家庭クラブ総会では今後の活動内容の説明、研修の募集も行われました。

生徒会、家庭クラブ役員を中心に、全校生徒が学校生活をよりよくするため真剣に総会へ参加していました。

「命の授業」

5月21日、「命の授業」を実施しました。

公益社団法人被害者支援センターえひめの西川和子先生を講師にお迎えし、御自身の体験をもとに講演をしていただきました。

 感染症対策として、視聴覚室からTeamsを使ってのリモート講演でした。

 ご主人を交通事故で、そして息子さんまでも犯罪で失ってしまうという御自分の経験を、息子さんの等身大のメッセンジャー(パネル)とともに、時折涙を流しながらゆっくりと話されました。

生徒たちは、真剣に聞き入っていました。

 

 生きることの大切さを実感し、「いのち」を大切にしたいと心から思える講演でした。

 ありがとうございました。

 

砥部分校の授業風景2

砥部分校の授業紹介です。

パソコンの部屋を覗いてみましょう急ぎ
1年生の情報技術基礎の授業です。キーボードを打つ音だけが鳴り響いています。

この授業では、パソコンを使って文書作成や表計算の方法を学びます。また、デザイン制作に必要なドロー系、ペイント系の編集ソフトの使い方も学びます。
1年を通していろいろなソフトを使用しますが、すべての作業にタイピングが必要になってきますので、最初の課題は「タイピング」の練習です。
目指せ!ブラインドタッチ試験
文章をなるべく早く打つために手を動かしますが、絵を描くのとは違う筋肉を使うのか、腕がピクピクしてきます汗・焦る
この課題が終わるころには腕だけマッチョになっているかも・・・。よし、やるぞ、カタカタカタカタ・・・。

 

砥部分校の授業風景

新学期が始まり、はや一か月が経ちましたキラキラピカピカだった1年生の実習服も少しずつ身体に馴染んできたようです。

さて、砥部分校の授業を覗いてみましょう虫眼鏡急ぎ

 

1年生の授業「工業技術基礎」のウッドクラフトでは「朴(ホウ)を用いたジャムスプーンの製作」をしています。

この授業では、生徒それぞれが「使い勝手」「美しさ」「安全性」などを考慮したアイデアを考えています。

「使う人の気持ちを考えてデザインするのって難しいけど楽しい」と言う声もちらほら。

  限られた材料の中からどんなジャムスプーンが生まれるか楽しみですね ! 完成したら使ってみたいな。

遠足 3年生

3年生はゆとり公園へ。スケッチしたり、散歩したり、たっぷりリフレッシュしてきました。

ゴミ、ここにどうぞってIさん。そして自分のリュックに。「ありがとう」

「ああ、楽しい。おいしい。楽しい。」

外で遊ぶの気持ちいい!

明日から連休。GamanのWeekになりますが、しっかり休んで次の登校に備えましょう。

 

遠足 2年生

今日は遠足。

いい天気でシャボン玉もキラキラ♪

2年生は、衝上断層公園→窯元散策→大宮八幡宮と立ち寄りました。

昨年度は実施できなかったので、本来なら1年生で歩く道のりを歩きました。

楽しく安全に散策できました!

遠足 1年生

1年生は、大宮八幡宮→砥部焼伝統産業会館→坂村真民記念館→陶板の道→村の駅・五本松→陶祖ヶ丘→窯元散策→梅山窯→衝上断層公園→学校というコースで歩きました。

トカゲ君もぽかぽか陽気に誘われて。

1年生は、スマホで撮影する姿がたくさん見られました。クローズアップしたり、シャッター速度を変えたり。

実は、このページにもF君が撮った数枚が...。楽しい1日になりました。

1人1台端末セットアップ!

 

4月23日(金)6時間目HRの時間に、全校生徒が担任より1人1台端末のセットアップ方法を教わりました。

無事に全員の初期設定が完了して、端末の操作をしてみました。

生徒の皆さんは何ができるのか、嬉しそうに個人端末を使用していました。

1人1台端末の配付

 

4月22日(木)の放課後、全校生徒に1人1台端末の配付を行いました。

体育館に集合し、管理番号と名前を確認しながら、一人一人にタブレット・付属品が配付されました。

情報課長より、タブレットの持ち帰りの注意点、付属品確認の説明がされました。

明日、生徒用IDとパスワードを配付し、初期操作を行う予定です。

 

 

令和3年度新学期スタート!

令和3年度愛媛県立松山南高等学校砥部分校の始業式・対面式が行われました。

新入生も在校生もそれぞれの想いを胸に、新しい学校生活のスタートです。

 

始業式

 

 高校生として、砥部分生として、安宅 理 校長先生からそれぞれの学年目標に応じた学校生活の過ごし方についてお話がありました。

 

対面式

  歓迎の言葉               新入生代表挨拶

さあ、これから1年それぞれの目標に向かってよーいどん急ぎ

 

令和3年度入学式

令和3年4月8日、令和3年度愛媛県立松山南高等学校砥部分校の入学式が挙行されました。

   

佐川秀紀砥部町長様、中川千春PTA会長様のご臨席のもと、新型コロナウィルス感染症対策により短時間に縮小された入学式でしたが、新入生の晴々とした姿がとても輝いていました。

 新入生代表誓いの言葉

 

  

ご入学おめでとうございます!砥部分校は、生徒も先生も表現することが大好きです。

砥部分校で多くのことにチャレンジし、良い仲間と想い出を共有し、充実した学校生活を送りましょうお祝い

 

 

3学期作品コンクール

3月8日(月)校内作品コンクールが実施されました。

第151回校内作品コンクール入賞作品はこちら→

 

3学期の課題は、

部門①レタリング

「火・今・海・国」4文字を配布プリントの明朝体を参考にレタリングする。

部門②イメージ構成

与えられた2つの画面に、それぞれ「Modern」「Classic」の文字と幾何形体を使って、単語のイメージを表す画面を構成する。

2つの課題のうち、どちらかを選択し6時間かけて制作に励みます。

 

レタリングは、文字全体のバランスや均等な線の太さ、正確に明朝体のエレメントが描けるかなど、

当日の集中力が重要となってきます。

 

 

 

イメージ構成は、幾何形体を使って2つの単語をどのようにイメージするか、また配色も踏まえそれぞれの画面を対比して作り上げるか前日までのアイデアスケッチが重要となります。

 

 

完成した作品は、体育館に並べて生徒投票を行い、その後デザイン科教員で審査が行われ各賞が決まります。

最優秀賞(優秀賞の中から1点審査委員が選び最優秀賞とする。)

部門賞 (生徒の投票により、最多得票数の作品を部門賞とする)

優秀賞 (参加作品の約1割を選出し優秀賞とする。)

 

 

研ぎ澄まされた集中力で6時間よく頑張りました。 

お疲れさま。

 

岩合光昭 いよねこ 猫と旅する写真展へ行ってきました。(写真部)

3月6日(土)に写真部の1、2年生で「岩合光昭 いよねこ 猫と旅する写真展」の鑑賞と松山城周辺の撮影会に行きました。

岩合光昭さんが愛媛を訪れて撮影した、青島(大洲市)や松山市内の猫たちや全国各地の猫たちに「かわいい!」の声があがり様々な猫の表情にとても癒されました。

 

写真鑑賞後は、触覚鑑賞の冒険にでかけました。えひめ視覚障がい者とつくる「みることを考える」プロジェクト「みる冒険」では会期中の水・土曜日が「手でみるデー」となっており、一部立体作品等を手で触って鑑賞できました。

畦地梅太郎、橋本興家などの平面作品を、描いた線が浮き上がるプリンターで作成し、視覚と触覚で鑑賞できる展示や「触覚彫刻」に挑戦している中ハシ克シゲ氏の彫刻作品や、松山盲学校の生徒さんが中ハシ氏とのオンライン授業で制作した干泥作品など、たくさんの作品を触れて鑑賞しました。普段、視覚表現を学んでいる砥部分校の生徒たちにとってとても良い体験になりました。

鑑賞後は松山城へ。猫を探しにさあ出発!

 

足をプルプルさせながら、急階段をのぼっておりて、残念ながら岩合さんの作品のような黒猫は見つかりませんでしたが、椿や少しせっかちな桜の花を一つ見つけました。

明日は筋肉痛かなあ・・・。

 

 

カ、カルタ大会?!

2年生の進級制作は、「とべぶん あるある」のカルタ作りでした。キャンバスをカルタにして読札も制作。

 せっかくのカルタ。やりましょう!

ということで、カルタトーナメントの開催となりました。

2人1組でいざ勝負。ピコピコハンマーで先にタッチしたら札を獲得。

ボイスアクターも感心する、見事な札読み。 

 「そうー!」

「と、とったどー!!」

「こっちだ!」「と思たらこっちだ」

「と思たらあっちだ」「いただきー!」

...って、N先生、熱入りすぎ。でも、作ってよかった。先生がこんなに集中してくれて。(!?)

体育館は広いから、密にもならず、接触もなく、歓声もなかったけれど、

熱く盛り上がった「その日」なのでした。

廊下にて。

1年生の作品が廊下に並んでいました。 ついつい足を止めてじっくり鑑賞。

 ユニークな発想、 ギョッとする作品。面白い!

昨年度の秀逸作品も並んで、出来栄えの背比べ。

「温かいコメントを」 カメさんに言われちゃあ、書きたくなるというものです。

廊下に突然現れる、作品群。

あ〜、デザイン科って楽しい!

令和2年度松山南高等学校砥部分校卒業証書授与式

 令和3年3月1日(月)、令和2年度松山南高等学校砥部分校卒業証書授与式が行われました。卒業生の皆さん、保護者の皆様、ご卒業おめでとうございます。本年度は新型コロナウイルス感染症対策のため、国歌、校歌の斉唱のない形での卒業式でしたが、会場には、砥部町長様、PTA会長様、保護者の皆様、代表生徒に出席していただき、在校生はHR教室でリモートによる参加という形式をとりました。このような状況においても厳粛な中に心のこもった、砥部分校らしい素晴らしい式となりました。卒業生の皆さん、砥部分校で学んだことや得たことを胸に新しい世界ではばたいてください。皆さんのご活躍を在校生、教職員一同で応援しています。

 

 

 

クロッキーコンクール

 
第3学期クロッキーコンクールが行われました。
実施日 2月2日・4日・5日・8日 4回実施
 
条件
・描画材料は(B以上)とする。
・画面内に全身を入れる。
・モデルは制服を正しく着用し、教室中央を向く。
・ポーズは、ほうきを両手で持ち、片方の足に重心を置いた立ちポーズ。
   ほうきの先は床に付けておくこと。
(4回とも同じでモデルは交代。椅子は生徒用椅子を使う。)
 ※1・2年生対象
 
 


 
 
クラスの投票を2月15日(月)に実施し、各学年において上位5名を入選者としました。


 


デザイン科教員が審査し、入選作品のうち優秀賞2点が選出されました。
 
 
 
    11R 阿部 穂奈美        21R 佐藤 来夢
 

テスト最終日です

 暑かったり(22℃!!)

  寒かったりと、

体調を整えるのも一苦労するこの頃。

 

とべぶん は学年末考査、最終日。ちょこっと教室を覗いてみました。

美大受験の3年生も、最後のふんばり。

春までもう少し。最後まで丁寧に。頑張る人を応援するとべぶん です。

第33回愛媛県高等学校文化連盟写真展

第33回愛媛県高等学校文化連盟写真展が令和3年2月3日(水)~2月7日(日)まで愛媛県美術館新館で行われました。

 

本校からは写真部の1年生から3年生までの12名、計14点の作品を出品しました。

写真展全体では、24校、218名、297点の出品がありました。

コロナ禍で写真撮影の機会も例年に比べると減っていましたが、個人撮影に励み、様々なテーマの写真を出品することができました。

 

   

       3年 佐伯 朱音 「一片氷葉」                                                                 3年 中西 優奈 「水平線」

 

 

      

                      3年 和田 奈々 「氷柱苔」

                                                                                                                          3年 和田 留奈 「碧」

 

            

                   2年 大北 望愛 「流れ」

                                                                                                                       2年 岡田 真依 「冬の華」

 

 

    2年 小泉 冴玖良 「森の入り口」             2年 佐藤 来夢 「羽黒蜻蛉」

 

 

    

               2年 佃  真緒 「キミがかえってくるまで」                               2年 橋本 歩奈 「幻影」  

 

 

                    2年 渡邉 千絵里「残照」

 

 

 

    1年 渡部 琉歌 「滝しぶき」                  「昭和から令和」

 

        

        「休日の市場」

 

少しずつ暖かくなってきて撮影日和になってきましたね!これからもどんどん撮影しましょうにっこり

 

まだまだ。

この時期、とべぶんの3年生の多くは進路が決定しています。

でも、美大受験コースの人たちにとっては、むしろこれからが本番。

共通テストになって初めての受験者として頑張った人たち。みんなが見守る中、二次試験に向けて今日もデッサンに励む。

受験日はそれぞれ違いますが(今この時も、受験している人がいました。頑張って!)、こうして、目の前の紙面をただひたすらに埋めていました。

高校生活というキャンバスに、描き込む余白と時間はもうそう多くない。

 二次試験のテーマは大学によって様々。

N先生が念入りに分析したサポートは、さりげない室内の板書や掲示、個に応じたモチーフにもみて取れる。

張り詰めた空間でプレッシャーの中、必死に1つの山を越えようとする人たちの姿は美しく輝いている。

まだ、気を緩めるわけにはいかない。まだまだ。

 

令和2年度 卒業制作展

 1月28日(木)、於 愛媛県立美術館、卒展見学会。1、2年生でゆっくり見学しました。コロナ感染症予防のため、1、2年生の進級作品展示はありませんでしたが、県美術館新館で展示されている3年生の作品を堪能しました。

手短に諸注意。 「ようこそ。」

「3年生、受付です」

体験型の作品も多く、ついつい足を止める姿が。

暑い夏も凍える冬も頑張って描きまくった習作と、溢れる想いをそのまま形にした作品群。型にはまらないユニークな姿が所狭しと。

「3年生、質問にお答えします。」

「モー。」「やっと会えましたね。」

いい意味で、砥部焼のイメージを大きく変えてしまえる潔さを感じる作品がいっぱいです。

「ん〜。とべぶん 、キュンです❤︎」

「では、解散!」「じゃ、もう1回見に行こう。」

 多くの方々にご来場いただきありがとうございました。また、卒展ポスターの掲示にご協力下さった、事業所、店

舗の方々へ、心より感謝申し上げます。

 ありがとうございました!

非行防止教室

令和2年度非行防止教室を行いました。

松山南警察署から講師をお招きし、コロナ感染予防のため、生徒との接触がないよう別教室から、Zoomを使って遠隔で講演していただきました。

生徒たちは、初の試みに戸惑いながらも,それぞれのHR教室で電子黒板に写されたZoomの画面を見ながら、熱心に聞いていました。

接続に戸惑ったり途中で切れたりと小さなトラブルはあったものの、無事終了することができました。

3学期 始業式

   第3学期始業式が行われました。


 近藤校長先生からは、お茶の水女子大学名誉教授の外山滋比古さんの著書『自分の頭で考える』の話を紹介していただきました。「毎日、その日が終わった夜に日記を書くよりも、毎日、その日が始まる朝一番に、その日の予定表を書きましょう。」そして、「まず厄介なこと、難しいことからやろう」というお話です。何事も「自分の頭で考える」ことにつながり、独創的なことを発見することにつながり、意義ある人生につながるのではないかと思います。是非取り入れて、この1年を有意義なものにしてほしいと思います。
 校長先生も話されていましたが、残念ながら、国内の新型コロナウイルスの新規感染者数が急激に増加しています。
 3年生については、進学や就職に向けて、最終準備をしている段階であり、感染予防について、高い意識を持っていると思います。1、2年生についても、同じくしっかりと対策をしてくれていると思います。しかし、最近の感染に関する情報を見ると、本当に少しの油断もできないと強く感じます。全員で、決して学校にウイルスを持ち込まない、という気持ちを強く持って、それぞれが感染対策を万全にしてください。
 そして、新年、令和3年が、皆さんにとって素晴らしい年になることを期待しています。

 

 

輝く新年 描く願い

新聞に掲載されました。見に行くとご利益に預かれるとか?密に気をつけて、ド迫力の大絵馬、ぜひ一度実物をご覧ください。

(12月29日付 愛媛新聞 掲載許可番号20210104-4)

とべぶんの冬休み

♪「...。〜!」

!」

 「しーっ。」実技も普通教科も集中してますんで。

 

 

TOBEBUN Gallery

今年度もコロナに負けず、たくさんの優秀な作品たちを創作したとべぶん生たち。TOBEBUN Galleryでは過年度の作品もご鑑賞いただけます。 今年度作品に関して大変お待たせしており、申し訳ございません。

順次、今年度の秀逸な作品群をお目にかけられますので、お手数ですが、しばしばチェックしてみてください。TOBEBUN Gallery は ↑↑画面上部↑↑ のメニューより入っていただけます。

大絵馬奉納、奉納報告祭

美術部のみなさんが遅くまで残って頑張った、大絵馬がついに奉納されました。

てきぱきと奉納作業を進める氏子のみなさま。

ネズミさん、1年間ありがとね。「サンチュー」と外されたとか、なかったとか。

新しい絵馬が設置される日に雨でなくてよかった。

愛媛新聞の方に色々質問をいただく部長。「この絵馬、隠し柄が3つ入ってるんですよ、絵の中に」「絵っ?いや、えっ?」

宮司さんにお写真撮っていただきました。「わーい。」

その後、奉納報告祭なるものに参列し、太鼓から司会から祝詞までお一人でこなす(!!)「宮司さんオンステージ」を拝見することができました。モーびっくり。

「モー、いーくつ寝ーるーとー♪」、楽しみだなあ。たくさんの人に見てもらって福を撒いてもらわなくっちゃ。

最後に御神酒をいただいて、お土産もいただいて帰路につきました。「『飲めない人は口つけるだけでいいからね』って宮司さんに言われたのに、全員飲み干してましたね。」なんて言いながら。

第56回卒業制作展「ユメノトビラ」ポスター完成!

 第56回卒業制作展「ユメノトビラ」が、2021年1月27日(水)から1月31日(日)まで、愛媛県立美術館新館2階で開催されます。

 3年生40名、ただ今絶賛制作中です!!3年間の集大成として、多くの皆様に見ていただきたいと思っています。ぜひ会場にお越しください。お待ちしています。

 卒業制作展のポスターが完成しました。↓↓↓

 ※すでに配布済みのポスターとDMの“EXHIBITION”の綴りが誤っておりました。大変申し訳ございません。

 

今年最後の写真部撮影会

令和2年12月19日(土)、今年最後の写真部撮影会へ。今回は東温市「滝巡りツアー」をテーマに「白猪の滝」と「白糸の滝」に行ってきました。

 白猪の滝

 

 

防寒対策をしっかりして、いざ出発!!

 

着こんでいた防寒着も、道が進むにつれて1枚、1枚と脱ぎながら歩きます。

まだまだ歩きます・・・。まだかな、まだかな。・・・滝らしきものを発見!

やっと着きました!!やったあ。頑張っ歩いた分、景色が輝いて見えます。

そして、シャッター音が鳴り響きます。

 

 降りるときは足元に注意しながらチェインを持ちます。

 

 

次は白糸の滝へ。

 

また歩きます。「先生、写真部はいつから登山部になったんですか?」とつぶやく生徒も・・・。絶景を目指してひたすら歩きます。白糸の滝は絹のように流れ落ちる優雅な滝で、撮影スポットがたくさんありました。

頂上に到着!白猪の滝と表情が違います。最後に記念撮影をして、撮り納めをしました。

よーし、帰りも頑張って歩こう・・・興奮・ヤッター!

 

 

 

 

 

2学期終業式、からの作品コンクール講評

長かった2学期も終わり。

表紙絵 1年 飯野志帆奈 (附属中出身)

凍えるような終業式の気温。

校長先生から、冬休みを前に進路についてのお話がありました。『高校生のみなさんは、どんな観点で職業を選択するか。もちろん「やりたいこと」を優先して職を考えるでしょう。しかし、興味深いことに、実際に仕事をしている人の実態は、「やるべきこと」「やれること」を中心に仕事選びをしているということです。自分がやるべきこと、自分にやれることをしっかりと考えて進む方向を決定してください』

普段の生活の中ではどうしても、"want to do"を先に選びがちですが、"should do", "can do"にこそ、自分の可能性を広げる鍵が入っていることが多いようです。みなさんが今「やるべきこと」、「やれること」は何ですか?宿題と実技のスキルアップ?確かにそうかもしれません。

 

手と足の先の感覚がなくなってきたところで終業式が終わり、心の中で「か〜ら〜のぉ〜?」と準備します。

2学期終業式後の恒例、作品コンクールの講評です。

今年は「進路の手引き」に2年生の中川歩さん(砥部中出身)、「南窓」に1年生の飯野志帆奈さん(附属中出身)の作品が選ばれました。

他、優秀賞、部門賞(生徒による投票数が多かったもの)が次々と紹介され、デザイン科の先生から講評していただきました。今回も力作が多く、顔も体も凍りついていたにも関わらず、生徒も先生もみんなで熱っぽい時間を過ごしました。

作者から作品の意図も聞けます。

辛口の講評、実は楽しい。いひひ。

まだまだあるよ。

作品の詳細はTOBEBUN Galleryで後日お楽しみいただけます。

「解散」の声がかかると、作品の前に集まって、ゆっくり鑑賞。 

コメントを聞いた後だと、また違ったアングルで作品が目に映る。

惜しくも賞に入らなかった作品も紹介してもらって、次への意欲も刺激されたことだし、さあて、じっくり「やるべきこと」たちと向き合おうかな!

 

 

ちょっと伝えたい

師走も半ば。雑貨店にずらりとシーズングリーティングが並ぶ季節になりました。

通りかかった2年生の教室の前でそんな風景が頭をよぎります。

いつものように、感想を描く"優しい筆記用具"があります。

 

誰に伝えよう?

喜んでくれるでしょうか。

とにかく伝えたい。

何かの節目にかかわらず、ちょっとした気持ちを伝えたくなるカードがたくさん。

メールやSNSでなく。一度にたくさんの人たちにではなく。その人だけに、心から。

クラフトの良さを再確認。気持ちがあったかくなる授業だったんだろうなあ!

クラスマッチ

1学期にはできなかった、クラスマッチ。12月10日に行われました。

  表紙 2年 渡部詩野 (九谷中出身)

 

とべぶんのクラスマッチは...

オセロ、楽しく真剣にやってました。

 

 

どれどれ、体育館ではさぞかし大いに湧く歓声とほとばしる汗が...?

珍プレー好プレー珍プレーに次ぐ珍プレー珍プレー好プレーで賑わってました。

「いいサーブ」

ミスっても楽しそう

「あらよっ」「そらよっ」

 

バレーもオセロも終了の合図でノーサイド。

冬休みまでもう少し。1日1日時間を大切に過ごしましょう。

今日はみなさんお疲れ様!

作品コンクール plus a vote

12/7(月)は作品コンクール。

生徒会誌「南窓」と「進路の手引」2つの部門に分かれてそれぞれの課題に取り組みます。1日中。

 

黒の単色のみで制作する「進路の手引」からのぞいてみました。

この静けさが良い。

「隣は何をする人ぞ」気にはなるんだろうけれど...。沈黙の中、闘う。

書き込む、書き込む。時間いっぱい手を入れる。友達と、自分自身と根比べ。

 

続いて、画材自由の「南窓」制作の方に足を運ぶと...。

静かに紙の上に置かれていく色。

頃合いを見て個人で昼食を取り、また制作は続きます。

15:00まで制作の後、すぐ投票と審査により今年度の表紙が選ばれます。 

 

Let's vote! 〜投票風景〜

気に入った作品を決めたら、作品に付けられたナンバーを記入して投票箱へ。

がしかし、これが迷うのだ。「んんんん〜。」

「よしっ!」

選ばれた作品は、後日GalleryでUPされます。

 

 

大絵馬制作中!

今年も、来年1年間大宮八幡宮(砥部町大南)の境内に飾られる大絵馬の制作が始まっていました。

美術部のみなさん。黙々と作業を進める姿は職人そのもの。

1年生はひたすら塗り込んで。緊張感すら漂う...

あら、でもなんか楽しそうね。

 

2年生は色作りに勤しんで。

ああでもない。

こうでもない。

「色にはこだわる。妥協はなし!」暮れ泥む空に一番星。

出来上がったら観に行こうっと!美術部のみなさん、毎日お疲れ様!

家庭クラブ活動報告

 

 

 

     11月30日(月)に、今年度初めての料理講習会を感染予防対策を十分して行いました。参加者は、26名。今回は、河原パティシエ専門学校の先生や生徒さんに来ていただいて、クリスマスのケーキ「ブッシュド・ノエル」を二人一組で作りました。「先生や先輩が親切に教えてくださったので、楽しく作ることができました。」などの感想が寄せられました。試食はできませんでしたが、一人1/2個のケーキを持ち帰り、久しぶりの料理講習会に、みんな大満足の様子でした。

 

県環境啓発ポスターコンクール

2020年11月20日付愛媛新聞に掲載されました。3年生の和田奈々さん(拓南中出身)です。

                   (掲載許可番号 d20201120-02)

 

家庭クラブ活動報告

 11月12日(木)に外庭掃除の奉仕活動を行いました。1・2年生を中心に、22名の参加がありました。

落ち葉を掃いたり、草引きをしたり、大勢の参加だったのであっという間にきれいになりました。

ご協力ありがとうございました。

 

第34回愛媛県高等学校総合文化祭

 11月14日(土)に愛媛県美術館南館で開催された第34回愛媛県高等学校総合文化祭 美術・工芸部門、写真部門の合評会、表彰式・講評会に参加しました。
  まず美術・工芸部門では、2年生4名が作品を出品しました。

     結果は、絵画部門で中川歩の「風化」と東海林春希の「とがる」が優秀賞、デザイン部門では中野日詩の「蜃気楼」が優秀賞に選ばれる快挙を果たしました。

上から順に、中川歩「風化」、東海林春樹「とがる」、中野日詩「蜃気楼」、梅本遥「人、ちぐはぐな街」

なお、中川歩の「風化」は次年度の全国大会に出品されます。

近くで作品を観ると大量発生したねずみ達が非常にリアルに描かれ、鳥肌が立ちそうなくらい圧倒される作品です。作者によると、名前をつけているねずみも何匹かいるとか…。ねずみ愛を感じます。

さすが全国大会に推薦された作品。圧巻の一言です。

 また、写真部門では3年生 和田 留奈「豊かな日々」が奨励賞、同じく3年生の和田 奈々の「深緑」が校長協会賞を受賞しこちらも快挙です!奈々さんの「深禄」は面河で夏休みに撮影されたそうで、この作品は校長協会の会報で使用されるそうです。

 生徒たちは作品の完成までに、県展制作と両立しながら非常に忙しい日々を過ごしてきました。今回の貴重な経験は今後の作品制作にきっと反映されることでしょう。両部門共に好成績を残し、今後の活躍が楽しみです。本当にお疲れ様でした。

第69回後期県展見学

 

11月5日(木)の午後から後期県展見学に行ってきました。
デザイン科のN先生から全ての工芸部門の作品につい解説していただきました。
どの作品も素晴らしく、レベルの高さが感じられました。ほんとうにすごいです。
 

 


 
今年は工芸部門全体では入選率83%ですが、
ちなみに砥部分校は全員が入選率(24年連続で100%)だそうです。
工芸部門で入賞するのは難しく、賞の数も美術会大賞を含め7点と他の部門に比べて少ないのです。
そんな中でセラミッククラフトコースの3年生が、それぞれ特選と推奨に1名ずつ選ばれました。
デザイン科の烏谷ひかる先生も特選に。とべぶんだけで3点。頑張ってますよね。

2年前は工芸部門トップの愛媛新聞奨励賞と推奨2点を含め3名が受賞しています。

烏谷ひかる先生も3年前には美術会大賞を受賞しています。

N先生も昔大賞をもらったそうです。(笑い)
 
 

 31R 特選 和田 奈々      31R 推奨 和田 留奈

※賞に入ったのは、双子の姉妹です。

 


  教員 特選 烏谷 ひかる
※照明の関係で正面が光っていますが、本来は全体がルリ色です。
 
今回は授業の遅れがあって工芸部門は全員が出品することができませんでしたが、授業や放課後の 
部活動(陶芸)を使ってやっと出品することができました。 
 
 
   制作時間は約3ヶ月。陶芸は気が遠くなるような作業と手間がかかりますが、

   作品制作はとても楽しかったです。  

文化祭 2020

 今日はとべぶん最大のイベント、文化祭です。

(イラスト 3年 日野咲良 テーマ 1年 濱家さくら)

 

開会式。校長先生から、「テーマの『マーブル』は大理石。皆さんのように、模様が様々で、磨けば磨くほど光を増して美しくなる。」

「今日は、芸術と文化の力を存分に発揮して下さい!」

と望むところなお言葉をいただきました!やるぞー!

開始に先駆けて、今年のパンフのイラストとテーマの表彰。

生徒会長より、「どうか、いーっぱいいーっぱい買い物してくださーい!」と切なあいさつ。

 

今年は、コロナ感染症対策として、舞台発表は演劇部のみでした。

部活動、同好会、授業作品他、各ブースをざっくりご覧ください。(全てじゃなくてごめんなさい!)

 「演劇部」人数は少なくても、存在感のある演技。若い人特有の揺れる繊細な心を表現。

美術部へと誘う矢印たち。あちこちにありました。

  ライブ制作してました。

 

人気の茶道同好会も、今年はお茶を飲むことはできませんでした。代わりに、たてるところをじっくり見せていただきました。

先日、臨時のALTとして来てくださった、ジョーダン・ロック先生が、帰り際に「とべぶんは面白くていい学校ですね。文化祭にぜひ来てみたいです」とおっしゃっていて、当日本当に来て下さいました(北条から!)お友達の石井東小学校のALT、ニア先生とともに、とべぶんプロデュースの、ポップカルチャーと日本の伝統文化を楽しんでおられました。

 

イラストレーション部の展示。言葉がなくても楽しめる。アートっていいですよね。

 

 ALTの先生と朗らかに会話しているのは、フレンドリーな1年生。

ジョーダン先生、たくさんお買い上げありがとうございました!

 

 

「さ、変な人いないか、鬼さんが見回りにいこうかね」「いや、鬼さんが変です。」

休憩所も向かい合わないように、No Desk

「食品バザーの当日チケット...」「買って!」

いつも工夫を凝らした作品販売で、有志のブースは人気があります。

今年は飲食スペースを外にも設けました。

とべぶん って授業で面白いことやってるんだなあ、ってこの日よくわかるんです。

「作品ほめてもらった!」

 

外も中も、教室も階段も、隅から隅まで見るところい〜っぱいのとべぶんです。

事務室も面白いなんて。PTAバザーと作品展示コーナー

P(及びPのOB)の皆さんの創作活動のスゴさにアングリ!です。ものづくりのDNAだなあ!

今年も多数お寄せくださってありがとうございました!!たくさんの人に見ていただけました♪

毎年、名作&迷作を発見できる絵本制作。

家庭科室に入ると楽しくてなかなか足が動きません。

 

毎年、会場前に行列ができるファッションショーも、今年は保護者席が3年生の保護者のみに限定され、規模も縮小されました。

でも、楽しさとカッコよさは限定も縮小もされませんでした。見ることができなかった保護者の方々、毎年来てくださる卒業生の皆さんのために....

てんこ盛りお見せします。

苦労して作った服が、ナレーションと音楽に乗って、舞台を舞いました。派手な歓声はNGなので、観客のみんなは声を抑えるのが大変。

今年も素敵なショーをありがとう!3年生!

 「次は、見ていたみんなの番だよ!」「しっかりね!」

こうして文化祭を終えると、秋も真っ只中。じきとべぶんは冬を迎えることになります。

準備、開催、片付けに関わった、全ての皆様に心より感謝申し上げます。本当に、ありがとうございました。

 

県展授賞式

 先日の11月1日(日)に松山市市民会館中ホールにて県展授賞式が行われました。砥部分校ではデザイン部門 推奨5名、特選3名、工芸部門 推奨1名、特選1名の合計10名の生徒が入賞しており、授賞式では壇上で賞状と記念品をいただきました。

Still Ongoing

 今日は、明日の文化祭の準備の日です。寒くなりそうです。コロナ対策も防寒対策も必要です。

ほとんどが、「あとは、ディスプレイの仕上げを待つばかり。」

僕たちが道案内してるよ。見つけてね。

急かされてるのもあったりして。(汗)

今年は、外に休憩所を設置。飲食もできます。暖かくしてお越しくださいね。

「いろんな所から見てね!」ホワイトボードのメッセージもお見逃しなく!

秋の砥部がお出迎えします。

Now, we're ready !

Open Classes for 3 Days (授業一般公開)

10/29(木),30(金),31(土)は公開授業でした。参観日も兼ねて、保護者やご家族の方々、

また、見学をしに中学生の皆さんに多数お越しいただきました。

「ようこそ!」

最終日の今日は、新居浜から一人でやってきたという中学の生徒さんもいました。得るものの多い日であったことを祈ります。

ゆっくり授業を見たり、

校舎内をのんびり見学したり、

体験入学では取れなかった時間をじっくりと。

 

午後の陽だまりの中、楽しい雰囲気でした。工芸実習棟。

 

 

痛いほどの静けさ。2、3年生の制作を、参観者のみなさんが遠慮がちに、でも、興味深い様子で見ていらっしゃいました。

中学の生徒さん、本当に熱心で驚きました。

 普通教科もしっかり見ていただけたことと思います。

時期が時期なので、ちょっと遊んでみたりして。

私たちとべぶん 満喫してます!

足を運んでくださったみなさま、本当にありがとうございました!

 

「生ごみの水切り啓発ピクトグラム」

  10月14日の愛媛新聞に、3年生の三好思実さん(道後中出身)の作品が掲載されました。

  また、10月24日に表彰状を授与していただきました。

2020年10月14日付愛媛新聞(掲載許可番号 : d20201014-01 )

ゴミの減量と臭いの軽減のために、デザインのパワーが一役買うことになりました。

これから生活のちょっとした場面でたびたび見かけると思います。嬉しいなあ!

 

同じく3年生の門田桃佳さん(砥部中出身)の作品も優秀賞に選ばれました♪♪ やるなあ!

県展見学会

10月23日(金) 県展見学に行きました!

 

1年生は「真鍋博」展から先に。「先輩たちと代わりばんこです。」

2年生は、1・2階から。

「これ、果物?動物?」などと質問されていたのでしょうか。

「あっ。校長先生〜!」

1人で見たり、誰かと見たり、とにかくみんな熱心。

入賞率100%だった3年生で賑わう3階は...

「ん?」

やっぱり熱心。普通教科の先生たちは、生徒さんに解説してもらえます。

知人の絵を見つけて話の花があちこちで咲いてました。

「お。楽しんでる?」

「これこれ!これ好き〜〜!この線も色も!」(力説)後輩の作品、先輩に愛されてます。

「えへ。受賞した回の県展見学は格別です」

「楽しいっす♪」

とべぶんを卒業した先輩方の絵もたくさん見かけました。みんな元気ですか?

絵の中の人物になってた。集合10分前とかになると、絵を見すぎてみんなちょっと変になるんですよね。

 

一般のお客様たちとも仲良くお行儀よく観覧し、芸術の秋をお腹いっぱい堪能したとべぶん生だったのでした。

県展は、前期(洋画・版画・写真・デザイン)10/20(火)〜10/27(火)、後期(日本画・彫刻・工芸・書道)10/30(金)〜11/6(金)です。

若い人ならではのユニークな世界観がずらり。どなたにもお足を運んでいただき、実物を味わっていただきたい作品ばかりです!

 

 

 

 

 

第2学期クロッキーコンクール

第2学期クロッキーコンクールが行われました。
 
実施日 10月5日(月)~10月9日(金)(※水曜日を除く。)
条件 
・描画材料は鉛筆(B以上)とする。
・画面内に全身を入れる。
・モデルは制服を正しく着用し、教室中央を向く。
・ポーズは、椅子に座り、指定のボールを膝の上で自然に持った「座りポーズ」とする。
(4回とも同じでモデルは交代。椅子は生徒用椅子を使う。)
 
 ※3年生は最後のクロッキーコンクールです。
   

 

クラスの投票を10月12日(月)に実施し、各学年において上位5名を入選者としました。
  


 

デザイン科教員が審査し、入選作品のうち優秀賞2点が選出されました。
 
 

 


2学期は1年生(1名)・2年生(1名)が優秀作品に選ばれました。

  
     21R 東海林 春希         11R 飯野 志帆奈
 
 

PTA研修旅行

 10月17日(土)、  天気はこんなでしたが、PTA研修旅行に行ってまいりました。

19名の参加者に対して倍以上の席数があるバスでしたので、見た目にはスカスカですが、「最近は、小学校も中学校もコロナのために、修学旅行のバスの中はシーンとしていて寂しい感じでしたが、」キャッキャキャッキャと明るいお母さまがたに「こうして活気があるとやはり嬉しいものです」とガイドさんに褒めて(?)いただきました。い〜っぱいご報告しちゃいます。

 

『金毘羅宮』

 風情もあるし、ディスタンスも取れるし、うん、傘もいい。   

少女のようなPのみなさん。元気をいただけます。ご参加くださり、ありがとうございます!

若〜い!S先生一番上まで軽ーく行かれてました。 一番上まで行った証。

 同じく一番上まで行ってこられたK先生、静かにパシャリ、撮る人。

みなさん、それぞれに金毘羅宮を散策して。

 

さあ、お土産物買いに行こう!チケットもらったし!!

 

『中津万象園』ー昼食ー

少々肌寒い散策の後、あったかい釜揚げうどんのランチを。

雨に煙る赤い橋を見ながら、和気藹々と食事をいただきました。

ここは、丸亀美術館が隣接していたのですが、食事とおしゃべりに花が咲き、あっという間に集合時間がきてしまいました。

 

『ジョージナカシマ記念館』

館内撮影禁止のため、ロビーにて。

最初はウロウロ見て回るんだけど、

一度座るともうそのまま。腰が上がらなーい。

 

結論。ジョージナカシマさんの椅子はすごくいい椅子です。

 

『イサムノグチ庭園美術館』

ここも撮影禁止のため、屋外ですが庭園自体が館内ということで写真はほとんどありません。

 色も大きさも素材も形も様々な石が、あちこちに点々と並ぶ。他には何もない空間を前に、心が無防備になる。

見晴らしの良い丘から見る広々とした風景の中にあるイサムノグチのオブジェに、『小石のご飯やブロックのイス、段ボールのリビング...』幼い頃の記憶が蘇る。

恐ろしく洗練された空間センスとプリミティブな味溢れる素材に囲まれると、ガマ の種が溢れるように自分の中のワクワクが止まりません。

覗き見することしかできない家屋は、誕生日などの特別な日にイサムノグチが過ごした場所。蔵屋敷みたいな古めかしい外観と、極端にシンプルな内装、

不釣り合いなほど大きな照明器具がギリギリ「上品」のエッジに乗っかって、た、た、たまらん!!!イサムノグチ、カッコ良すぎる〜。つい熱弁。

 少しですが、お買い物もできました。

さあ、お家に帰りましょうか! 

帰りは夕日を追いかけながら。

ご参加くださったみなさま、そして添乗員の東武トップツアーズの八塚さん、伊予鉄道のガイドさん、ドライバーさん、また準備に動いてくださった先生方、おかげさまで無事安全で楽しい旅行ができました。本当にありがとうございました!

 

 

 

 

They're so charming!

陶芸班のみなさんが、着々と進めているプロジェクト。陶板の室名札作り。デザインが絞られて、今は仮のプレートがかけられています。

メガネの先生がいっぱいの職員室。実際はそうでもないと思うのですが、イメージでしょうね。

 

 保健室は絆創膏と救急箱。

木工作業をする部屋は、木目と丸のこの刃。

 陶芸室の絵は言わずもがな。

校長室のプレートは、カラーも一味違えて。 

 Now, what's this?  答えは後日UPしますね!

第1回 陶芸教室

土曜日、第1回目の陶芸教室が開かれました。 希望した中学生のみなさんがとべぶんにお越しくださいました。

 「ロクロを使って、湯呑み・茶碗・コーヒーカップなどを作ります。」「ワクワク。」

 

 「む、む、むずたのしい〜」

 「この感触〜」「夢中になる〜」静かにワクワクが増します

ずいぶん作りましたね。 こりゃあ、出来上がりが楽しみです。

第2回目は、11月21日(土)です。

今回作った作品を、ロクロを使って削り、形を整えます。 To be continued!

令和2年度 秋季大運動会

今年は平日開催となったとべぶんの運動会。コロナ感染症の心配もあり、来賓の方も含めて入場者数を制限させていただいたり、受付を設けて入場口を通っていただいたりするなど、保護者の皆様にはご面倒をおかけし、大変お世話になりました。

今日は朝からずっと曇っていて、風も少し吹いていて、つまり....最高の天気で運動会をすることができました!前日の準備で疲れているはずなのに、みんなの顔は嬉しそう。

山の稜線が空まで続く美しいグラデーションを浮かべ、とべぶんは戦いの前の静けさ。

 3年、辻岡くんの選手宣誓

3年、平岡さんの開会宣言

あとは、選手として、係として、でなければ応援をして、みんなほぼ休みなしの活動が続きます。

   

   

   

 

「高校を卒業後、長縄をすることなんてあるだろうか。いいや、今しかない!とべっ!」 

  

 

午後からはとべぶん の「ならでは」が続きます。

 

 

 

      

「これ見たらみんなとべぶん 来たくなっちゃいますね。」少人数の学校とは思えないクオリティ。

 

    

悲喜交交の結果発表。と、「きゃー」。

 と、トロフィー授与。どちらも頑張ったので、見てる側は、どちらにもあげたい気分。

閉会式のあたりにパラパラと雨が降ったものの、無事運動会は終了しました。平日の開催にもかかわらず応援においでくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。

 また、来賓の砥部町長 佐川秀紀 様には終日にわたり生徒たちにご声援くださいまして、ありがとうございました。

最後は、まだまだ味わい足りない生徒たち、なんでも体育館でもう1回チアのお披露目をしてくれるのだとか。気持ちはまだ閉会してないみたい。とべぶん 、最高。

 

 

運動会、目前

暗くなったと思ったら、いきなりの土砂降り。すぐに上がったけれど...ああ、どうしていつも運動会は台風と重なるの!?  ギリギリまでみんな頑張ってます。今日はチアの準備をのぞいてみました。

 慌ただしく動き回るみなさん。 それぞれに役割分担があるようで...

1年生にとっては、3年生と共に過ごす、緊張するも嬉しいひととき。 

 後輩くんにはキツかった衣装、なんとかしたいと仁王立ちで考える先輩。きっと大丈夫!

毎年、怖い声で怒鳴って(?)いる、応援のみなさん。 練習前の一コマをパチリ。

 あれ?怖くない。楽しそうだ。「すみませーん、遅れちゃって!」みたいな1年生が初々しい。外練してた紅龍グループの応援のみなさん。「急に降るから〜!!」びしょ濡れでした。

台風は気になるけれど、もう、あとは頑張るしかない。時間の許す限り頑張ったのなら、悔いが残ろうはずもない!いざ、運動会!

 

 

令和2年度 第2学期始業式

短い夏休みはあっという間に終わり、2学期の始まり。

 

始業式に先がけて、表彰式がありました。たくさんの授与に対して校長先生から褒めていただきました。

「人は、してしまった後悔より、しなかった後悔の方が大きい。青春真っ只中、目標に向かって頑張って欲しい」とのエールが「ドドーン!(↓)」と校長先生から送られました。

 

コロナにも暑さにも負けないで、みんなで一丸となって2学期も頑張ろう!