ブログ

とべぶんBlog

mission : 絵馬、始動。

今年も始まりました。1年生の美術部員のみんなが下地作りに勤しんでおりました。

デザイン科長がそばで細やかに声をかけてくれます。

カマキリさんも応援してくれていました。

仕上がりまでの軌跡を記していこうと思います。

子どもたちがやってきた

砥部小学校の2年生と保護者の方々が、地域理解学習のため砥部分校へ、見学に来られました。

陶芸室や写真現像する暗室、写真スタジオなどデザイン科ならではの教室を見学されました。

 その中でも高校2年生の実習でデッサンをしている教室では、リアルに描かれている作品に釘付けになり

「すごい!」「どうやったらこんなに描けるの!?」と驚きの声があがりました。

  砥部分校のお姉さんお兄さんたちは、子どもたちの訪問でとっても和んだひと時でした笑う

 

教科書に載ってるよ。

昨年度の高文祭で優秀賞を受賞した、3年(既卒)  和田 奈々さん(拓南中出身)の作品「深緑」と、2年(現3年) 東海林春希さん (川内中出身)の作品、「とがる」が教科書に掲載されています。

光村図書のウェブサイトでもご覧いただけます。高校美術I → Art by Students  →「風景を撮影する」と「自己を表す」の中にそれぞれ見つけられます。

 

 

 

 

「面河渓国」のどこまでも続く緑

 

 

 

とがった感性が溢れた作品。

 

 今は、他の受賞作品とともに廊下に架けられています。生徒たちは何気ない時間の中で、豊かな感性と努力がにじんだ多くの作品に囲まれて毎日過ごしています。その積み重ね、これって、心にすごく大切なことですよね。

 

 

第2回 中学生対象陶芸教室

11月20日(土)本日は第2回陶芸教室が開催されました。

県内から10名の生徒の皆さんが参加されました。今回は「削り」。器を削って使いやすい形にします。

「手間暇かけて仕上げていただきます♪」

先生たちの実演を食い入るように見つめる皆さん。

「ムズかしい~」と笑顔で困っている様子がかわいらしい。

作業に心がこもります。

皆さん、体調を整えて、次回、12月11日(土)の第3回:「絵付け・施釉」にもいらしてくださいね。おまちしております^^

 

第35回 愛媛県高等学校総合文化祭

文化部のインターハイ「高文祭」が始まりました。

限られた時間の中で、とべぶん生も作品制作に取り組んでいました。

 

今回は、「美術・工芸部門」4名と「写真部門」3名の作品が展示されています。うち2作品が全国大会出場の運びとなります。 

美術・工芸部門 優秀賞(全国大会出場) 「気色」2年 阿部 穂奈美(伊予中出身)

写真部門 優秀賞(全国大会出場)「一心に」2年 渡部 琉歌(琴浦中出身)

 

美術・工芸部門 「空想」優秀賞 2年 飯野 志帆奈(愛大附属中出身) 

 

美術・工芸部門 「狭間」奨励賞 2年 篠原 志公(岡田中出身)

写真部門「ときはかきは」3年 渡邉 千絵里(砥部中出身)

写真部門「ミチ」3年 佃 真緒(砥部中出身)美術・工芸部門「夢現」2年 高橋 南帆(久米中出身)

リーフレット原画(パンフレット表紙絵)

2年 得井 ひより(砥部中出身) 1年 井上優月(久米中出身)

 

   愛媛県美術館 南館にて、11月21日(日)まで観覧できます。9:40〜18:00(20日(土)は終日観覧不可、21日は14:00まで)

 

家庭クラブ第2回奉仕活動!!

 11月18日(木)の放課後、家庭クラブの第2回奉仕活動を実施しました。

家庭クラブの生徒以外にも参加を呼びかけたところ、たくさんの生徒が集まってくれました!

普段の清掃だけではなかなか手が回らない、駐車場横の落ち葉の掃除と倉庫横の除草作業を行いました。

 

 30分ほどの活動でしたが、みんなで協力してとてもきれいになりました。終了後もみんな疲れた様子はなく、清々  

 しい顔をしていたのが印象的でした。

 参加してくれたみなさん、お疲れさまでした!ありがとうございました!またの参加をお待ちしております。

 

令和3年度 県立学校人権・同和教育訪問

11月16日は、とべぶんにて県立学校人権・同和教育訪問があり、県下よりおいでくださったたくさんの方に、

授業を見ていただき、また本校の取組についての発表を聴いていただきました。

 

始まる前には国語科の「命と人権について考える本」の紹介展示に立ち止まっておられました。

1年生 主題

「自分の身の周りに目を向けよう~自分らしく生きる(性の多様性)~」

PTAの方々にもご参加いただきました。誠にありがとうございました。

楽しい授業作品の数々を展示しました。

2年生 主題「水平の旗ひるがえる」

 

 

3年生 主題 「だれもが幸せな社会を実現させよう〜結婚差別の解消を目指して~」

 

全体会の様子

多くの方々のご参加いただき、

ご指導・ご意見を賜りまして、心より感謝申し上げます。

今後、日々の指導に生かして一層より良く生きるとべぶん生を育んでまいります。

 

 

修学旅行 DAY 2

小雨だそうですが、太陽、頑張ってます。みんなオーシャンビューを楽しんだかなあ?

「おはようございまーすっ」

まあ、朝から結構なボリュームですこと。

レオマ着いた!空もGOOD JOB!

「わ。さすがにこれは買...」→ってたわ。まさかだわね。

「あー、楽しかった!さあ!うちへ帰ろう!!」

気をつけて帰ってきてね。そして、土日は家の人にたっぷり旅の話をしてしっかり疲れをとってくださいね!引率の先生たちもお疲れ様でした!

修学旅行 DAY 1

「始まったぞー!」

四国水族館にて。

イルカ跳んでる!

「さっっっぶ!!」

「ひー、飛ばされるぅ!」

昼食は、鳴門のホテルで「ホテルオリジナルカレー」食べています。

お腹いっぱいになった後は、美しいもので目いっぱいに!大塚国際美術館にて。

You got much inspiration!!

1日の行程を終え、美味しい晩御飯が待ってました。

 「明日に備えて、しっかり食べるもんね!」

2日目に続く。

 

 

修学旅行の朝

いよいよ待ちに待った修学旅行に出発です。

お天気は心配ですが、テンションアゲアゲでいきましょう。

お見送りありがとうございます。

目一杯、楽しんできま〜す。

全国高校総体参加章ストラップ最優秀賞

県内の高等学校、中等教育学校、特別支援学校(中・高等部)に対して募集のあった、令和4年度全国高等学校総合体育大会「参加章(IDストラップ)デザイン」で、審査の結果、3年能田夏希さんのデザインが見事、最優秀賞に選ばれましたお祝い

 採用されたデザイン

 

「参加章」とは、令和4年夏に開催されるインターハイに参加する選手等に贈るネックストラップ式のもので、首にかけて使用します。今回採用されたデザインを選手や関係者の方々が使用する数はなんと約8万本!すごいですにっこり

 

そして、令和3年11月4日に令和4年度全国高等学校総合体育大会「参加章(IDストラップ)デザイン」の表彰式が開催されました。

   

県教育長様より賞状・記念品の授与がありました。

 

最後に応募した53名の生徒を代表しお礼の言葉を述べました。

堂々とした姿でとてもかっこよかったです。

 

教育長、副教育長様とデザインについて懇談もありました。

 来年の開催がとても楽しみですねキラキラ

茶道部のおいしい反省会

茶道部恒例の文化祭反省会は、指導者の中田先生お手製のあんこを使った和菓子作りとセットで行われます。

黒あん、芋あん、紫芋あんを組み合わせて命名が趣向を凝らし・・・

こんな和菓子ができあがりました。

おいしいお茶とお菓子をいただいた後で、一人ずつ文化祭の反省や今後の抱負を語ることができました。

制作中制作中おなじみのキャラクターや

令和3年度 文化祭

今日11月6日(土)はとべぶん の文化祭。 

 開会式は「いよいよ!」の緊張感。

「ダダン・ダン・ダダン!」

「大盛り上がりの『小生s』の発表」が終わり、

竹田先生率いる『TMC』ことタケダミュージッククラブの演奏

朴訥とした先生とアコースティックの音色はよくお似合い。

と思いきや、歌って踊れて古典も教えちゃう二宮Y先生の登場に沸く生徒のみなさん。

で、突然客席から「ぬぅーっ」と立ち上がり、歌声を響かせながら舞台へ向かう久保先生に、悲鳴にも似た歓声が湧き起こる。緊張してる先生は、なんだか可愛らしい。

PTAバザーにもデザイン科らしいグッズがずらり!

PTA作品展も、力作が並ぶ。

バザー及び、作品展にご協力いただきまして、誠にありがとうございました!!!

 

各ブースで、みんな活躍していました。

 つわぶきと歩愛ちゃんがお出迎え。

茶道部の「歩愛です。」

3年生の課題研究は毎年見るのが楽しいので人気の展示です。

じっと眺めてる人が多かったなあ。

廊下にずらりと揃うのは、2年生が絵と文で紹介する本。

清々しい写真が曇天を取り払うような作品

美術部はライブで制作を披露。

アニメ部は動画が流れてました。

プリントが間に合わないくらい注文が来てましたね。

ホントの話、この日は家庭科室が実におもしろいのです。

見ればわかる。来ればわかる。

有志のブースも手作り品のクオリティが高くて、迷ってしまうなあ。

今年も色々すごかった!ファッションショー。先生が踊った。

パンダも踊った。

「また、来年が楽しみだね!」

*「歩愛ちゃん」は、『茶道部の生徒さんデザイン/亀井製菓さん製造』の、お茶菓子です。

ファッションショーに出るべく、ベールを被っておしゃれしているのだそうな。華やかですね。

未だコロナの影響下にあり、イベントもフルボリュームで行えないもどかしさはありましたが、生徒のみんなのパワーは全開、保護者の方々の愛はガッツリ、もう、お腹いっぱい!という感じで終えました。早く、たくさんの中学生や卒業生のみなさんにも好きなだけ来ていただけるようになるといいな!準備に片付けにリハーサルに、みなさん、本当にお疲れ様でした!素敵な1日にありがとう。

後期県展見学会

10月29日(金)午後、後期県展見学会に行きました。

後期は、「洋画・版画・写真・デザイン」の展示となっており、多くの生徒が入選・入賞した作品が飾られました。

はじめに、デザイン科長から昨年度以上に高い入選率と高い評価をいただき、中でも注目の作品の鑑賞ポイントの紹介がありました。

 

 

館内では、飾られた自分の作品を嬉しそうに観覧する生徒や、他部門の作品を熱心に鑑賞する生徒の姿が見られました。

 

 入選・入賞に限らず、それぞれが自分の作品と向き合い、最後まで集中して制作する姿勢が素晴らしかったです。

来年に向けて、これからの制作活動も頑張ってください。 

中学生デッサン講習会

10月23日(土)午後より、中学生対象のデッサン講習会を行いました。

本来であれば、8月の実施でしたが、延期にも関わらず県内の中学生37名と多くの生徒に参加していただきました。

デザイン科教員2名と美大受験コースの2年生2名が指導にあたり、モチーフの配置、デッサンのコツ、実演、講評と中学生は熱心に講習会に参加していました。 

 

 

2年生 発想と技術を身に付ける授業

10月23日(土)、公開授業3日目。

2年生3,4限目はデザイン基礎です。

今日は、「進級制作のテーマ決め」が行れました。

 

いくつか上がった候補の中から、生徒主導のもと、テーマの精選と制作の方向性など最終決定に向けた重要な話し合いが行われました。

 1年生での基礎の学び、2年生の応用の学習を通して、31名が1つのテーマに向かってこれより制作に取りかかります。

 

完成した作品は、令和4年1月26日(水)~30日(日)に開催する「第56回 卒業制作展」と合わせて展示します。どんな作品ができあがるのか楽しみにお待ちください。

3年生 自分自身と向き合う授業

3年生3,4時限目は、課題研究です。

[美術]・[陶芸]・[グラフィックデザイン]・[ファッション]の4つのコースに分かれて文化祭での展示・発表に向けて制作に取り組んでいます。

 中でも、[グラフィックデザイン]と[ファッション]について紹介します。

 

・グラフィックデザインコース

このコースでは、手描きやデジタル、印刷技術、プロダクトデザインなど幅広いデザインの分野から生徒が主体的に取り組み、テーマを設定し成果報告に向けて作品制作に励んでいます。

これまでデザイン科で学び、身につけた、技術と知識を最大限に生かした自分自身と向き合う活動になっています。

 

 

・ファッションコース

このコースでは、文化祭の一大イベントとなるファッションショーに向けて、衣装のデザイン・裁縫、プログラム、舞台設計の全てを生徒主体で手掛ける授業が行われています。

 

どのコースの生徒も、進学や就職といった将来につながるよう主体的に学ぶ姿勢が伺えました。

 

ちなみに、本日2年生はデザイン系の授業はありませんでした。

 

明日10月23 日(土)は、公開授業3日目となります。

ぜひ、生徒の活動をご覧にいらしてください。

 

 

尚、今年度の文化祭は、昨年度と同様にコロナウイルス感染予防対策のため、在校生の家族のみの限定観覧となります。楽しみにしていただいていた中学生や卒業生、その他の方々には、大変申し訳ありませんが、ご理解の程よろしくお願いします。
 

1年生 手仕事を学ぶ授業

10月22日(金)、本日は公開授業2日目。

21日・22日・23日の3日間本校では公開授業を行っています。

 

1年生1,2時限目は工業技術基礎です。

[レタリング]・[印刷]・[ウッドクラフト]・[セラミッククラフト]の4つのコースに分かれて、全6回のローテーションで制作に取り組んでいます。

その中でも、手仕事につながる[ウッドクラフト]・[セラミッククラフト]を紹介します。

 

・ウッドクラフト「カトラリー(ジャムスプーン)制作」

 

木材に図案を描き、電動工具や小刀を使って仕上げていきます。

慣れない道具にまだまだ不格好な手つきですが、カトラリーは手に持って使う道具なので、手になじむかたち、すくいやすいかたちに仕上がるよう丁寧に完成に向けて制作されています。

 

・セラミッククラフト「茶碗の成形」

 

粘土のかたまりから、手びねり成形で茶碗を練り上げていきます。

こちらも手に持って使う道具なので、自分の手に収まる使いやすいかたちに仕上がるようバランスを吟味して成形しています。

 

 

砥部分校ならではの工業デザインの授業が伺えました。

 

第70回秋季県展見学会 [前期展]

10月20日(水)、陶芸を専攻の2・3年生6名で秋季県展前期展の見学会に行きました。

 

永田先生から作品の講評とその他工芸作品の解説が行われ、生徒は熱心に作品を鑑賞しました。

今年の第70回秋季県展工芸部門では、3名入選・3名入賞と陶芸専攻全員の生徒が受賞をいただきました。

 

 [特選] 2年 濱家さくら「籠魚恋雲」  [推奨] 3年 永木 涼夏「流」   [推奨] 3年 明賀 二葉「躍動」

   

第1回 中学生対象陶芸教室

 

10月16日(土)、中学生対象の陶芸教室が行われました。

県内8校の中学校から11名の生徒が参加し、本校の陶芸専攻の生徒が学ぶ「ロクロ成形」を経験しました。

担当の先生からロクロ成形の基本を教わり、カップや茶碗、お皿など、生活で使う器の制作を行いました。

なかなか思うような形になりませんが、どの生徒も熱心に楽しくたくさんの器を成形することができました。

 

この中学生対象の陶芸教室は、第1回「ロクロ成形」、第2回「削り」、第3回「絵付け・施釉」の全3回の講座となっております。

 

次回、11月20日(土)第2回:削り作業では、今回制作した器を削り、形を整えて使いやすい器に仕上げる作業になります。

中学生の皆さん、少し先になりますが楽しみにお待ちください。