ブログ

とべぶんBlog

デザイン講演会

 

5月17日、午後みんなで興味深い講演を拝聴しました。おいでくださったのは、「四国こどもとおとなの医療センター」でホスピタルアートディレクターとして活躍されている森合音(もり あいね)さんです。気さくで飾らない笑顔がとても素敵な方でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「アートの力「痛み」を「希望」に」という演題で語っていただいたのですが、森さんの、ホスピタルアートに対するピュアでまっすぐなアート魂は、感受性の強いとべぶん生の心には突き刺さるようなインパクトがあったのではないでしょうか。

好きな絵や立体を思いのままに好きに作るのとは違って、ホスピタルアートは、病院という建築物の持つさまざまな制限の中で創り上げる難しさがありました。

今や、ビジネスシーンでも、企業の成果を出すために美意識改革、美意識研修のようなことをしているというお話は面白かったですね。

内容やサイズ、使う色はもちろん、材料の選定、院内にあふれるサインとの連携、あとは知らなかったけど、法規制との整合もクリアしなくてはならないのですね。

 

「やわらかに、多元的な空間をもたらすホスピタルアート。院内を歩くと絵本の中に入り込んだような感覚に」と森さん

お医者さんから、手術後のリハビリでこどもたちが歩くのを嫌がらなくなったといわれたそうです^^

「禁止」という言葉を掲げないで芝生を守るというコンセプトで生まれた、「ここには小人が住んでいる」というアイデア。素敵。小人さんに住まれたら踏み込めないですよね。

 

地元善通寺の高校のデザイン科の皆さんとの共同作品もご紹介いただきました。

想いを形にするー理念の顕在化 それは、森さんの言葉をお借りするなら、数字やevidenceとして説得するものではなく、表現活動を通して病院スタッフと患者さん、そのご家族の互いが言葉なしに励まし合える、ふっと痛みを忘れる一瞬を持てる、そんな経験のことなのかもしれない。

霊安室への通路にスタッフが青い花の壁画を描いていく動画には、無機質で殺風景な場所でも、そこで働く人たちには、さまざまな思いがあって、、その誰もがみんな元気になってねという希望と亡くなってしまった命への痛みを抱えているんだというメッセージには胸がつまるような気持ちになりました。

とべぶんのみなさんには、「目には見えないけど、誰もがあると知っている、そんなものを表現できるようにがんばって」「まだ気づいていないかもしれないけど、自然いっぱいのこの環境を大切にしてくださいね」との言葉をかけてくださいました。

みんなを代表して、3年生の小山さんがお礼の言葉を。先日、四国がんセンターのホスピタルアートのプレゼンで森さんを知ったという小山さんは、『森さんは、強い思いのある人、そして、それが聞く人にとても情熱的なインパクトを与えるんです』、という感想を持っていて、「森さんの言葉、思い、すべてがかっこよくて刺激を受けました。これからの作品制作の励みになります」という、思いあふれるあいさつになりました。森さん、心を打つ講演をありがとうございました。 

ホスピタルアート:四国がんセンター「光庭」

砥部分校デザイン科は

松山市南梅本にある四国がんセンターとコラボして、ホスピタルアートに取り組んでいます。

その第1弾は、待合室奥にある中庭「光庭」を囲むガラス壁面のデザインです。

5月13日(月)に「光庭」オープニングセレモニーが開催されました。

 

令和元年 授業の一般公開、そして...

5月12日、風さわやかな日曜日、とべぶんではいろいろありました。

授業の一般公開には、40名近い保護者の方々に加え、10名程度の中学生のみなさんも来られ、とべぶん生の授業に熱いまなざしを送ってくださいました。

そのあとの進路研修会では、1,2年生は鈴木毅(たけし)さん、3年生は長尾真一さんにお越しいただき、それぞれ『探求新テスト講座』、奨学金に関わる『進学マネープラン』『志望理由書について』というタイトルで講話をしていただきました。

「社会の変化につれ、入試に求められる力も変わってきているんだなあ」

「高校時代に『探求』することが進路先のさまざまな場面で役立つことになるんだな」

「最近の教育費の現状。怖いから知りたくないような知りたいような。」

「奨学金といっても、行政機関のものから、民間、大学独自のものといろいろあるんですね。」

「奨学金があれば、進学先で学びに集中できますね。」

と、『なるほど』がいっぱいでした。興味深いお話をありがとうございました!

 

そして、前年度から大変お世話になった、PTA役員のみなさまがやっとバトンタッチできる、PTA総会がありました。PTA役員は3月卒業ではなく総会が区切りとなるので、前役員の皆様におかれましては、本当にお疲れ様でした。そして、長い1日となったにもかかわらず、PTA総会に出席くださった保護者の皆様、ありがとうございました。

遠足(2年生)

 

2年生は「こどもの城」へ約3kmの行程を歩いて行きました。

少し疲れたようですがまだまだ元気いっぱい

到着後は思い思いの場所でスケッチ

楽しみにしてたお弁当、そして誰もいなくなった

思い思いに午後のひとときを満喫、スワンボートやてんとうむしモノレールに乗った人も

最後に、作品の講評と表彰、みんないい笑顔です。

 

3年生の遠足

4月26日(金)3年生は愛媛県総合科学博物館に遠足へ行きました。

ひょっこり♪

まずはみんなで集合写真

ハイ、チーズ!!

 

科学博物館では、展示や体験コーナーがあり興味津々です。

男子グループも恐竜の展示室で盛り上がってます。

こっちは少しはしゃぎ過ぎて疲れたかな?

小休止...。

 

プラネタリウムの部屋では、今日見える星空の様子を堪能しました。

 

天気もよく楽しい遠足になりました。

遠足(1年生)

4月26日 1年生の遠足報告

全行程約8km

大宮八幡宮絵馬→砥部焼伝統産業会館

→陶祖ケ丘→窯元散策→村の駅五本松

→梅山窯→衝上断層公園

天候にも恵まれ、砥部のものづくりに触れることのできた1日でした。

 

進路ガイダンス

4月23日放課後、2、3年生でコミセンで行われた進学ガイダンスに参加しました。3年生就職希望者はハローワークを訪問しました。

バスに乗って出発です。

最初にアンケートに答えます。

それぞれお目当てのブースに分かれて、熱心に説明を聞きました。

進路を考えるよい機会になりました。

平成31年度のスタート

 

砥部分校の分校長です。

年度末・年度初めのドタバタで、ブログの更新が疎かになっておりました。申し訳ありません。

4月8日、新入生40名を迎えて、砥部分校の平成31年度は無事スタートしております。

今年度も分校をよろしくお願いいたします。

 

 

卒業生による展覧会 ショウジショウジシナジー

平成28年度美大受験コース卒業生6名による展覧会が開催されます。

【展覧会名】

ショウジショウジシナジー展

 

【会期】

2019年3月14日(木)~19日(火)

午前11時~午後7時(最終日は午後6時まで)

 

【会場】

リブ・アート  入場無料(作品販売あり)

松山市湊町4丁目12-9     tel.089-941-9558

 

【内容】

北は石川県、南は沖縄県で活躍する若手作家6名が年に一度開催するグループ展。メンバーSHOJIを中心にショウジ商事というアートグループ名を掲げ、グラフィック、映像メディア、絵画、染織、彫刻など幅広いジャンルの作品で会場を構成する。今回のテーマは「シナジー」。ジャンルも違う、価値観も違う6人がつくる、奇妙だがどこか魅力的な空間を楽しんでほしい。

 

【メンバー】

SHOJI mitsuki 金沢美術工芸大学 デザイン科 視覚デザイン専攻在籍

ASAOKA chisato 広島市立大学 デザイン工芸学科 染織造形専攻在籍

IKARI hiroki 尾道市立大学 美術学科 油画専攻在籍

OKUHARA kazuyuki 沖縄県立芸術大学 デザイン工芸学科 工芸専攻在籍

YOUHEI フリー モデラー

TAKEKAWA ayase 多摩美術大学 情報デザイン学科 メディア芸術コース在籍

 

是非とも御高覧ください。

さようなら台湾

お土産屋さんで、台湾茶の種類や淹れ方のレクチャーを受けました。

空港到着。いよいよガイドさん

ともお別れして日本へ飛び立ちます。

たくさん勉強してたくさん笑った4日間でした。一回り大きくなって帰国します(体重じゃないよ^^;)

中正紀念堂

中正は蒋介石さんのことで、彼を記念して作られたそうです。

蒋介石さんの像がある建物は大理石でできています。

公園には野生のリスが。台湾リスはしっぽが大きいです。

龍山寺参拝

龍山寺はくさんの神様がいる、台湾一のパワースポットです。

名前、生年月日、住所を言ってからお願いごとをします。

日本と同じで煙を浴びます。

絵馬奉納

来年の干支「亥(いのしし)」を描いた絵馬を、砥部町の大宮八幡宮に奉納しました。

美術部員が制作した、縦3メートル,横3.6メートルの絵馬は、県内最大です。

美術部員が連日遅くまで制作に励みました。

設置にご協力いただいた地域の皆様、ありがとうございました。

設置後、奉納です。

初詣に来られた際はぜひご覧ください。

故宮博物院②

今、白菜は台中の花博に出張中で見られませんでした(>_<)  なので豚の角煮だけ

 

 

楊貴妃の付け爪。爪先に毒を塗って、護身したという説もあるそうです。

これは象牙の彫刻品。中にはボールが17層入ってるそうです。作り上げるのに100年ほどかかるとか(⊙⊙)

 

 

故宮博物院①

まずは恒例の集合写真

ガイドさんが詳しく説明してくださいました。

普通の高校生は30分しか解説しないけど、分校生の熱心さに応えて2時間みっちりお話ししてくださいました。

お昼は飲茶

甘い肉まん、大根餅など普段食べられないものを頂きました。ゴマ団子、杏仁豆腐も美味でした。

夕食は広東料理

ターンテーブル方式。

卵焼きおいしー

最後の1滴までお残しは許しません!食後すぐなのに、もうおやつ買うの?

 

クラスマッチ

12月11日、クラスマッチが行われました。今回の種目はバレーとオセロです。

天気は小雨。底冷えのする体育館では元気なとべぶん生たちがバレー対戦を楽しみました。

まったりと応援もまた楽し。

一方格技場では、オセロ版を囲み、策士たちが真剣勝負を。

勝負が終わって次の対戦までは、みんなストーブを囲んで和やかな雰囲気でした。

 

陶芸教室③

中学生対象の陶芸教室の第3回目が実施されました。

第1回、第2回で制作しカップや茶碗などを制作しました。

第3回ではそれらに絵付けをし、釉薬をかけます。

素敵な絵付けですね。

絵つけが完成した後に、施釉。

作業完了。この後デザイン科の先生による本焼きを経て、完成です。

最後に陶芸教室修了証の授与

参加の中学生のみなさん、おつかれさまでした。

完成品が届くのを楽しみに待ってください。

文化祭

11月10日(土)、「つながる文化 新たな伝統」のテーマのもと、文化祭が開催され,500名を超える方々にご来場いただきました。

授業や部活動の作品や県展作品等の展示のほか、お茶席、食品バザー、有志の小物販売など、小さなお店も多数並びました。

砥部焼に絵付けをするワークショップも盛況。

体育館ステージ発表は、琴、演劇、ダンス、歌、コント…と盛りだくさんの内容でした。

午後のステージはファッションショー。3年生がデザイン・制作からモデルまで務めました。

 

ご来場くださった皆様のおかげで賑やかな文化祭となり、生徒の心に残る一日となりました。ありがとうございました。

 

地域に生き地域とともに歩む高校生育成事業④

砥部分校では、本校SSHの生徒が研究した釉薬を用いて、砥部焼アクセサリー(ブローチ)の商品開発を行っています。

[地域に生き地域とともに歩む高校生育成事業③]

 https://matsuyamaminami-h-b.esnet.ed.jp/blogs/blog_entries/view/8/4a23e23e75f4ccbd4f4ae3e9215ecb3c?frame_id=47

 

ブローチ完成まで

・陶芸班&グラフィック班

①ブローチの金具付け

 

 

 

 

 

 

完成したブローチに金具を取り付けています。

 

②台紙作り

 

 

 

 

 

 

 ブローチを取り付ける台紙折りと、裏側には説明文を貼り付けました。

 

③ブローチ完成

ブローチと台紙それぞれの準備ができたら、完成までもう一踏ん張り!

台紙にブローチを取り付けていきます。

 

 

 

 

 

 

この作業では、様子を見て心配になったM先生や他の生徒にもお手伝いいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんのお手伝いがあり、あっという間に取り付け作業ができました!

 袋詰めも手伝っていただき、全ての作業が無事に終わりました。

皆さんありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 実際に袋詰めができたイチョウのブローチです。(左:表側 右:裏側)

 

④販売ブースの設置

明日の文化祭に向けた販売ブースの準備を行いました。

 

 

 

 

 

 

それぞれのブローチが見やすく、手に取りやすいように設置しました。 

 

 

 

 

 

 

 こちらは、本校SSHよりお借りした釉薬の研究データです。

一式展示しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレゼンボードも何とかギリギリ間に合い設置することができました。

皆さんご苦労様でした。 

 

明日はとうとう文化祭です。

多くの方に興味をもってもらえるといいですね。

地域に生き地域とともに歩む高校生育成事業③

 

砥部分校では、本校SSHの生徒が研究した釉薬を用いて、砥部焼アクセサリー(ブローチ)の商品開発を行っています。

[地域に生き地域とともに歩む高校生育成事業②]

https://matsuyamaminami-h-b.esnet.ed.jp/blogs/blog_entries/view/8/569c8aaaf232d58411554b6da266b767?frame_id=47

 

これまでの活動(後半)

・陶芸班

①窯出し:素焼きを終えたブローチの窯出しをしています。

 

 

 

 

 

 

素焼きをすると、白い砥部の粘土がピンク色に焼き上がるんですよ!!

 

②削り:素焼きができた作品を再度きれいに仕上げてます。

 

 

 

 

 

 

ヤスリがけを終えたら、スポンジで削り粉を綺麗に拭き取ります。

 

③釉薬掛け:SSHが研究した釉薬を調合して、釉掛けをしました。

 

 

 

 

 

 

一つ一つ丁寧に釉薬を掛けています。

 

 

 

 

 

 

かなりの量です...。

 

④窯詰め:釉薬を掛け終えたブローチを本焼き(1200°以上で焼きあげる作業)の窯に詰めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

きれいに並べられてます。

焼く前の釉薬は灰色をしていますが、

さあ、どんな色に焼けるのでしょうか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 じゃじゃーーーん!!!

 どうですか?綺麗に焼き上がったと思いませんか??

 

この後、裏側を綺麗にして金具をつければブローチの完成です!

 

 

 

・グラフィック班

①パッケージの制作

 

 

 

 

 

 

パッケージの台紙ができあがり、手作業でカットしています。

こちらもかなりの量です...。

 

 

 

 

 

 

 

カットを終えた台紙の裏側には、ブローチの説明を貼り付けました。

 

②プレゼンボードの制作

 

 

 

 

 

 

資料の内容も充実してきました。

まもなく完成かな??

 

 

後は、ブローチの袋詰めとパネルを完成させるのみ!

もう一踏ん張りです。 頑張りましょう!!

 

地域に生き地域とともに歩む高校生育成事業②

 

砥部分校では、本校SSHの生徒が研究した釉薬を用いて、砥部焼アクセサリー(ブローチ)の商品開発を行っています。

[地域に生き地域とともに歩む高校生育成事業①]

https://matsuyamaminami-h-b.esnet.ed.jp/blogs/blog_entries/view/8/3a0b9d0841c99764b086ec9bf5f47504?frame_id=47

 

陶芸班では前回のブローチの試作品から形と色の改良を行い、グラフィック班ではロゴマークとパッケージ案を考えました。

 

 

 

 

 

 

 それぞれのアイデアを合わせて、完成に向けた制作を行いました。

 

 

これまでの活動(前半)

・陶芸班

陶芸班では、(イチョウ)・(障子山)・(まる①)・(まる②)の4種類のブローチの形が決まり量産に移りました。

 

①石こう型の制作:同じ形を大量に作るため、石こう型を作りました。

 

 

 

 

 

 

粘土を型に詰めることで、同じ形のブローチがいくつもできるようになりました。

 

②成形:石こう型を使って、量産しています。

 

 

 

 

 

 

 型を抜いた後に、表面に模様も付けています。

 

③削り:型から抜けたブローチの形を整える作業をします。

 

 

 

 

 

 

一つ一つチェックを行い、形を整えています。

 

成形までの仕上げを終えたブローチです。

 この後、乾燥して素焼き(900°で焼き締める作業)をしました。

 

 

・グラフィック班

①ロゴマークの制作

「とべのめぐみ ~南校の歴史つめこんでみました~」とネーミングが決まり、

いくつものアイデアスケッチを行いロゴマークを完成させました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イチョウをモチーフにしたデザインとなっています。

 

②パッケージのデザイン

市販のパッケージを参考に、ブローチがより良く見えるようにデザインしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレゼンボードの作成も分担して進めています。

 

 

後半へつづく。

 

県展表彰式

第67回秋季県展表彰式がANAクラウンプラザホテル松山(旧 松山全日空ホテル)で行われました。

入賞した生徒諸君、おめでとうございます。

砥部分校生徒の入賞作品はTOBEBUN Galleryに掲載しています。

特殊メイクの授業

11月1日、河原ビューティモード専門学校より講師の先生をお招きして、1年生40名を対象に特殊メイクの出張授業をしていただきました。

生徒たちは自分の手やマネキンの顔に傷メイクを施しましたが、完成度は予想以上に高く、そのリアルさに驚きの声が上がっていました。

このマネキンたちは、11/10(土)の文化祭に現れるかもしれません…。

 

石本藤雄さんのワークショップ

10月30日(火)、マリメッコの元デザイナーとしても知られている石本藤雄さんがとべぶんに来られました。

愛媛県美術館からお話をいただき、今回のワークショップ開催の運びとなりました。

 「円と丸」をテーマに、自由に創作する、が今回のコンセプト。

陶芸コースの3年生7名が参加し、楽しく真剣に活動に取り組みました。

作品の講評もしてくださいました。

   

 

今回の作品は、本焼きを経て完成後、砥部町文化会館での「石本藤雄展」にて展示予定です。

デッサン実技講習会

10月27日、28日の二日間、湘南美術学院から佐藤 武夫先生、田中 裕子先生のお二人が来校され、デッサン講習会が開かれました。この講習会には芸術系への進学を希望している生徒や芸術に強い関心を持つ生徒など、県内各地から約20名の高校生が参加しました。

 先生方にはデモンストレーションも交えながら丁寧に指導していただきましたが、集まった高校生はモチベーションが高く、最後までずっと真剣に取り組みました。分校生は、このような他校生から刺激を受ける交流の機会が少なため、良い経験となりました。また、デッサン終了後は、工芸の分野について、大学卒業後の仕事や就職についての情報提供などもあり、充実した二日間になりました。

  

県展見学会

   第67回秋季県展(前期/洋画・版画・写真・デザイン)が県美術館南館で開催されています。

10月26日、砥部分校の全校生徒がこの県展を見学する県展見学会を実施しました。

県美術館前に集合、校長先生の挨拶です。

工芸部門について担当教員から講評。

3年生、木村蘭さんの愛媛新聞奨励賞が紹介されました。

デザイン科長の講評。砥部分校の受賞率についての説明がありました。

学年が進む毎に受賞率も上昇しています。

見学後レポートを作成し、提出します。

県美術館南館1Fから3Fまでじっくりと鑑賞です。真剣な眼差しです。

生徒見学会の後、保護者対象の見学会も行われました。

保護者見学会では、担当教員による解説があります。


平成30年度県民総合文化祭第67回秋季県展

前期/洋画・版画・写真・デザイン 2018/10/20~2018/10/28

後期/日本画・彫刻・工芸・書道 2018/11/01~2018/11/09


 

 

四国がんセンター光庭 リ・デザインプロジェクト

松山市南梅本町にある四国がんセンターの受付横に中庭があります。

その中庭を患者さんや来院の皆さんが集い、安らぐことができるようなスペースにするため、モニュメントを設置する計画が進んでいます。

砥部分校ではそのモニュメントのデザインの依頼を受けました。

5月に2年生3チームが、センター担当者にプレゼンテーションを行い、結果3案とも認めていただきました。

現在実現に向けて進行中です。

今回の会議では、センター、施工業者の方が来校され、担当した生徒・教員を交えて計画を詰めていきました。

設置後の景観のシミュレーションも示されました。

来年度にはこれらの案をベースに制作され、順次がんセンターに設置されていく計画です。 

なお

NHK総合 クローズアップ現代で

「世界が注目!アートの力  健康・長寿・社会が変わる」

2018年10月17日(水)放送

で、ホスピタルアートの取り組みも紹介されるようです。

陶芸教室

10月13日土曜日、陶芸教室を開催しました。

市内から19名の中学生の皆さんが来てくれました。

「陶芸は初めて」という生徒さんが何人もいらっしゃいましたが、1人あたり2~4作品と、たっぷり活動していただきました。

活動後のアンケートより

「先生がわかりやすく丁寧に教えてくださったので、難しいところもあったけど楽しくできました」

「いざ粘土を前にすると驚くほどできなかった。砥部焼に興味がわいた」などのほか、

「難しかったが楽しかった」「先生の説明とサポートがわかりやすかった」という感想が圧倒的に多かったです。

また、「次が待ち遠しい」「これまで陶芸に興味がなかったのに、今回の参加で興味を持った」「次は違うものを作ってみたい」といった

意欲的な嬉しい感想もたくさんありました。

次回開催日は11月17日です。今回作った作品を使って作業します。楽しみですね!

 

赤ちゃんふれあい体験

平成30年度砥部町赤ちゃんふれあい体験事業が実施されました。

NPO法人とべ子育て支援団体「ぽっかぽか」の村上明子さん達に来ていただき、赤ちゃんとの接し方を教わりました。

また、実際に0歳児とのふれ合いや、お母さん達との交流を体験しました。

初めは恥ずかしがっていた生徒の皆さんも、満面の笑顔で赤ちゃんと一緒に遊んだり、お母さんに質問をしたりと、貴重な時間を過ごすことができました。

参加してくださった赤ちゃんとお母さん、ありがとうございました。

TV取材

テレビ番組の取材がありました。

放送は10月7日(日)

もぎたてテレビ(南海放送)

お楽しみに!

生徒会役員選挙

9月19日、後期生徒総会が開催され、次期生徒会役員を決める選挙が行われました。

生徒会役員選挙は主権者教育を兼ねているため、砥部町役場から実際の投票箱や

記入台をお借りして、選挙方法も実際の選挙と同じシステムで行われました。

1 まず全ての立候補者と推薦人による演説

2 投票者に投票場の入場券が配布されます。

3 最初の投票者の監視のもと、立会人による投票箱の施錠がなされます。

4 名簿対照係による名簿との照合

5 交付係による投票用紙の交付

6 投票用紙に記入

7 立会人の見守る中、投票。

投票完了後、選挙管理委員によって即日開票され、金曜日の全校集会で全校生徒に発表されます。

 

 

運動会

9月11日(火)、「平成最後の大合戦~お前の本気を見せてみろ!!~」のテーマのもと、運動会が実施されました。

恒例のチアダンス、応援。酷暑の中、夏休みを返上して練習した成果を見せました。

 

両チームとも、見ごたえのある大変美しいパネルでした。

日曜日に実施予定でしたが、雨天により今年は平日に実施となりました。

ご参観くださった皆様、ありがとうございました。