ブログ

とべぶんBlog

mission : 絵馬、始動。

今年も始まりました。1年生の美術部員のみんなが下地作りに勤しんでおりました。

デザイン科長がそばで細やかに声をかけてくれます。

カマキリさんも応援してくれていました。

仕上がりまでの軌跡を記していこうと思います。

子どもたちがやってきた

砥部小学校の2年生と保護者の方々が、地域理解学習のため砥部分校へ、見学に来られました。

陶芸室や写真現像する暗室、写真スタジオなどデザイン科ならではの教室を見学されました。

 その中でも高校2年生の実習でデッサンをしている教室では、リアルに描かれている作品に釘付けになり

「すごい!」「どうやったらこんなに描けるの!?」と驚きの声があがりました。

  砥部分校のお姉さんお兄さんたちは、子どもたちの訪問でとっても和んだひと時でした笑う

 

教科書に載ってるよ。

昨年度の高文祭で優秀賞を受賞した、3年(既卒)  和田 奈々さん(拓南中出身)の作品「深緑」と、2年(現3年) 東海林春希さん (川内中出身)の作品、「とがる」が教科書に掲載されています。

光村図書のウェブサイトでもご覧いただけます。高校美術I → Art by Students  →「風景を撮影する」と「自己を表す」の中にそれぞれ見つけられます。

 

 

 

 

「面河渓国」のどこまでも続く緑

 

 

 

とがった感性が溢れた作品。

 

 今は、他の受賞作品とともに廊下に架けられています。生徒たちは何気ない時間の中で、豊かな感性と努力がにじんだ多くの作品に囲まれて毎日過ごしています。その積み重ね、これって、心にすごく大切なことですよね。

 

 

第2回 中学生対象陶芸教室

11月20日(土)本日は第2回陶芸教室が開催されました。

県内から10名の生徒の皆さんが参加されました。今回は「削り」。器を削って使いやすい形にします。

「手間暇かけて仕上げていただきます♪」

先生たちの実演を食い入るように見つめる皆さん。

「ムズかしい~」と笑顔で困っている様子がかわいらしい。

作業に心がこもります。

皆さん、体調を整えて、次回、12月11日(土)の第3回:「絵付け・施釉」にもいらしてくださいね。おまちしております^^

 

第35回 愛媛県高等学校総合文化祭

文化部のインターハイ「高文祭」が始まりました。

限られた時間の中で、とべぶん生も作品制作に取り組んでいました。

 

今回は、「美術・工芸部門」4名と「写真部門」3名の作品が展示されています。うち2作品が全国大会出場の運びとなります。 

美術・工芸部門 優秀賞(全国大会出場) 「気色」2年 阿部 穂奈美(伊予中出身)

写真部門 優秀賞(全国大会出場)「一心に」2年 渡部 琉歌(琴浦中出身)

 

美術・工芸部門 「空想」優秀賞 2年 飯野 志帆奈(愛大附属中出身) 

 

美術・工芸部門 「狭間」奨励賞 2年 篠原 志公(岡田中出身)

写真部門「ときはかきは」3年 渡邉 千絵里(砥部中出身)

写真部門「ミチ」3年 佃 真緒(砥部中出身)美術・工芸部門「夢現」2年 高橋 南帆(久米中出身)

リーフレット原画(パンフレット表紙絵)

2年 得井 ひより(砥部中出身) 1年 井上優月(久米中出身)

 

   愛媛県美術館 南館にて、11月21日(日)まで観覧できます。9:40〜18:00(20日(土)は終日観覧不可、21日は14:00まで)

 

家庭クラブ第2回奉仕活動!!

 11月18日(木)の放課後、家庭クラブの第2回奉仕活動を実施しました。

家庭クラブの生徒以外にも参加を呼びかけたところ、たくさんの生徒が集まってくれました!

普段の清掃だけではなかなか手が回らない、駐車場横の落ち葉の掃除と倉庫横の除草作業を行いました。

 

 30分ほどの活動でしたが、みんなで協力してとてもきれいになりました。終了後もみんな疲れた様子はなく、清々  

 しい顔をしていたのが印象的でした。

 参加してくれたみなさん、お疲れさまでした!ありがとうございました!またの参加をお待ちしております。

 

令和3年度 県立学校人権・同和教育訪問

11月16日は、とべぶんにて県立学校人権・同和教育訪問があり、県下よりおいでくださったたくさんの方に、

授業を見ていただき、また本校の取組についての発表を聴いていただきました。

 

始まる前には国語科の「命と人権について考える本」の紹介展示に立ち止まっておられました。

1年生 主題

「自分の身の周りに目を向けよう~自分らしく生きる(性の多様性)~」

PTAの方々にもご参加いただきました。誠にありがとうございました。

楽しい授業作品の数々を展示しました。

2年生 主題「水平の旗ひるがえる」

 

 

3年生 主題 「だれもが幸せな社会を実現させよう〜結婚差別の解消を目指して~」

 

全体会の様子

多くの方々のご参加いただき、

ご指導・ご意見を賜りまして、心より感謝申し上げます。

今後、日々の指導に生かして一層より良く生きるとべぶん生を育んでまいります。

 

 

修学旅行 DAY 2

小雨だそうですが、太陽、頑張ってます。みんなオーシャンビューを楽しんだかなあ?

「おはようございまーすっ」

まあ、朝から結構なボリュームですこと。

レオマ着いた!空もGOOD JOB!

「わ。さすがにこれは買...」→ってたわ。まさかだわね。

「あー、楽しかった!さあ!うちへ帰ろう!!」

気をつけて帰ってきてね。そして、土日は家の人にたっぷり旅の話をしてしっかり疲れをとってくださいね!引率の先生たちもお疲れ様でした!

修学旅行 DAY 1

「始まったぞー!」

四国水族館にて。

イルカ跳んでる!

「さっっっぶ!!」

「ひー、飛ばされるぅ!」

昼食は、鳴門のホテルで「ホテルオリジナルカレー」食べています。

お腹いっぱいになった後は、美しいもので目いっぱいに!大塚国際美術館にて。

You got much inspiration!!

1日の行程を終え、美味しい晩御飯が待ってました。

 「明日に備えて、しっかり食べるもんね!」

2日目に続く。

 

 

修学旅行の朝

いよいよ待ちに待った修学旅行に出発です。

お天気は心配ですが、テンションアゲアゲでいきましょう。

お見送りありがとうございます。

目一杯、楽しんできま〜す。

全国高校総体参加章ストラップ最優秀賞

県内の高等学校、中等教育学校、特別支援学校(中・高等部)に対して募集のあった、令和4年度全国高等学校総合体育大会「参加章(IDストラップ)デザイン」で、審査の結果、3年能田夏希さんのデザインが見事、最優秀賞に選ばれましたお祝い

 採用されたデザイン

 

「参加章」とは、令和4年夏に開催されるインターハイに参加する選手等に贈るネックストラップ式のもので、首にかけて使用します。今回採用されたデザインを選手や関係者の方々が使用する数はなんと約8万本!すごいですにっこり

 

そして、令和3年11月4日に令和4年度全国高等学校総合体育大会「参加章(IDストラップ)デザイン」の表彰式が開催されました。

   

県教育長様より賞状・記念品の授与がありました。

 

最後に応募した53名の生徒を代表しお礼の言葉を述べました。

堂々とした姿でとてもかっこよかったです。

 

教育長、副教育長様とデザインについて懇談もありました。

 来年の開催がとても楽しみですねキラキラ

茶道部のおいしい反省会

茶道部恒例の文化祭反省会は、指導者の中田先生お手製のあんこを使った和菓子作りとセットで行われます。

黒あん、芋あん、紫芋あんを組み合わせて命名が趣向を凝らし・・・

こんな和菓子ができあがりました。

おいしいお茶とお菓子をいただいた後で、一人ずつ文化祭の反省や今後の抱負を語ることができました。

制作中制作中おなじみのキャラクターや

令和3年度 文化祭

今日11月6日(土)はとべぶん の文化祭。 

 開会式は「いよいよ!」の緊張感。

「ダダン・ダン・ダダン!」

「大盛り上がりの『小生s』の発表」が終わり、

竹田先生率いる『TMC』ことタケダミュージッククラブの演奏

朴訥とした先生とアコースティックの音色はよくお似合い。

と思いきや、歌って踊れて古典も教えちゃう二宮Y先生の登場に沸く生徒のみなさん。

で、突然客席から「ぬぅーっ」と立ち上がり、歌声を響かせながら舞台へ向かう久保先生に、悲鳴にも似た歓声が湧き起こる。緊張してる先生は、なんだか可愛らしい。

PTAバザーにもデザイン科らしいグッズがずらり!

PTA作品展も、力作が並ぶ。

バザー及び、作品展にご協力いただきまして、誠にありがとうございました!!!

 

各ブースで、みんな活躍していました。

 つわぶきと歩愛ちゃんがお出迎え。

茶道部の「歩愛です。」

3年生の課題研究は毎年見るのが楽しいので人気の展示です。

じっと眺めてる人が多かったなあ。

廊下にずらりと揃うのは、2年生が絵と文で紹介する本。

清々しい写真が曇天を取り払うような作品

美術部はライブで制作を披露。

アニメ部は動画が流れてました。

プリントが間に合わないくらい注文が来てましたね。

ホントの話、この日は家庭科室が実におもしろいのです。

見ればわかる。来ればわかる。

有志のブースも手作り品のクオリティが高くて、迷ってしまうなあ。

今年も色々すごかった!ファッションショー。先生が踊った。

パンダも踊った。

「また、来年が楽しみだね!」

*「歩愛ちゃん」は、『茶道部の生徒さんデザイン/亀井製菓さん製造』の、お茶菓子です。

ファッションショーに出るべく、ベールを被っておしゃれしているのだそうな。華やかですね。

未だコロナの影響下にあり、イベントもフルボリュームで行えないもどかしさはありましたが、生徒のみんなのパワーは全開、保護者の方々の愛はガッツリ、もう、お腹いっぱい!という感じで終えました。早く、たくさんの中学生や卒業生のみなさんにも好きなだけ来ていただけるようになるといいな!準備に片付けにリハーサルに、みなさん、本当にお疲れ様でした!素敵な1日にありがとう。

後期県展見学会

10月29日(金)午後、後期県展見学会に行きました。

後期は、「洋画・版画・写真・デザイン」の展示となっており、多くの生徒が入選・入賞した作品が飾られました。

はじめに、デザイン科長から昨年度以上に高い入選率と高い評価をいただき、中でも注目の作品の鑑賞ポイントの紹介がありました。

 

 

館内では、飾られた自分の作品を嬉しそうに観覧する生徒や、他部門の作品を熱心に鑑賞する生徒の姿が見られました。

 

 入選・入賞に限らず、それぞれが自分の作品と向き合い、最後まで集中して制作する姿勢が素晴らしかったです。

来年に向けて、これからの制作活動も頑張ってください。 

中学生デッサン講習会

10月23日(土)午後より、中学生対象のデッサン講習会を行いました。

本来であれば、8月の実施でしたが、延期にも関わらず県内の中学生37名と多くの生徒に参加していただきました。

デザイン科教員2名と美大受験コースの2年生2名が指導にあたり、モチーフの配置、デッサンのコツ、実演、講評と中学生は熱心に講習会に参加していました。 

 

 

2年生 発想と技術を身に付ける授業

10月23日(土)、公開授業3日目。

2年生3,4限目はデザイン基礎です。

今日は、「進級制作のテーマ決め」が行れました。

 

いくつか上がった候補の中から、生徒主導のもと、テーマの精選と制作の方向性など最終決定に向けた重要な話し合いが行われました。

 1年生での基礎の学び、2年生の応用の学習を通して、31名が1つのテーマに向かってこれより制作に取りかかります。

 

完成した作品は、令和4年1月26日(水)~30日(日)に開催する「第56回 卒業制作展」と合わせて展示します。どんな作品ができあがるのか楽しみにお待ちください。

3年生 自分自身と向き合う授業

3年生3,4時限目は、課題研究です。

[美術]・[陶芸]・[グラフィックデザイン]・[ファッション]の4つのコースに分かれて文化祭での展示・発表に向けて制作に取り組んでいます。

 中でも、[グラフィックデザイン]と[ファッション]について紹介します。

 

・グラフィックデザインコース

このコースでは、手描きやデジタル、印刷技術、プロダクトデザインなど幅広いデザインの分野から生徒が主体的に取り組み、テーマを設定し成果報告に向けて作品制作に励んでいます。

これまでデザイン科で学び、身につけた、技術と知識を最大限に生かした自分自身と向き合う活動になっています。

 

 

・ファッションコース

このコースでは、文化祭の一大イベントとなるファッションショーに向けて、衣装のデザイン・裁縫、プログラム、舞台設計の全てを生徒主体で手掛ける授業が行われています。

 

どのコースの生徒も、進学や就職といった将来につながるよう主体的に学ぶ姿勢が伺えました。

 

ちなみに、本日2年生はデザイン系の授業はありませんでした。

 

明日10月23 日(土)は、公開授業3日目となります。

ぜひ、生徒の活動をご覧にいらしてください。

 

 

尚、今年度の文化祭は、昨年度と同様にコロナウイルス感染予防対策のため、在校生の家族のみの限定観覧となります。楽しみにしていただいていた中学生や卒業生、その他の方々には、大変申し訳ありませんが、ご理解の程よろしくお願いします。
 

1年生 手仕事を学ぶ授業

10月22日(金)、本日は公開授業2日目。

21日・22日・23日の3日間本校では公開授業を行っています。

 

1年生1,2時限目は工業技術基礎です。

[レタリング]・[印刷]・[ウッドクラフト]・[セラミッククラフト]の4つのコースに分かれて、全6回のローテーションで制作に取り組んでいます。

その中でも、手仕事につながる[ウッドクラフト]・[セラミッククラフト]を紹介します。

 

・ウッドクラフト「カトラリー(ジャムスプーン)制作」

 

木材に図案を描き、電動工具や小刀を使って仕上げていきます。

慣れない道具にまだまだ不格好な手つきですが、カトラリーは手に持って使う道具なので、手になじむかたち、すくいやすいかたちに仕上がるよう丁寧に完成に向けて制作されています。

 

・セラミッククラフト「茶碗の成形」

 

粘土のかたまりから、手びねり成形で茶碗を練り上げていきます。

こちらも手に持って使う道具なので、自分の手に収まる使いやすいかたちに仕上がるようバランスを吟味して成形しています。

 

 

砥部分校ならではの工業デザインの授業が伺えました。

 

第70回秋季県展見学会 [前期展]

10月20日(水)、陶芸を専攻の2・3年生6名で秋季県展前期展の見学会に行きました。

 

永田先生から作品の講評とその他工芸作品の解説が行われ、生徒は熱心に作品を鑑賞しました。

今年の第70回秋季県展工芸部門では、3名入選・3名入賞と陶芸専攻全員の生徒が受賞をいただきました。

 

 [特選] 2年 濱家さくら「籠魚恋雲」  [推奨] 3年 永木 涼夏「流」   [推奨] 3年 明賀 二葉「躍動」

   

第1回 中学生対象陶芸教室

 

10月16日(土)、中学生対象の陶芸教室が行われました。

県内8校の中学校から11名の生徒が参加し、本校の陶芸専攻の生徒が学ぶ「ロクロ成形」を経験しました。

担当の先生からロクロ成形の基本を教わり、カップや茶碗、お皿など、生活で使う器の制作を行いました。

なかなか思うような形になりませんが、どの生徒も熱心に楽しくたくさんの器を成形することができました。

 

この中学生対象の陶芸教室は、第1回「ロクロ成形」、第2回「削り」、第3回「絵付け・施釉」の全3回の講座となっております。

 

次回、11月20日(土)第2回:削り作業では、今回制作した器を削り、形を整えて使いやすい器に仕上げる作業になります。

中学生の皆さん、少し先になりますが楽しみにお待ちください。

 

 

「だまされん犬・サギサギボウシ」特殊詐欺防止キャラ誕生

松山東警察署より依頼を受けて、3年生がデザイン基礎Ⅲで制作したキャラクターたちの中から、有友彩夏さん(南第二中出身)と林美羽さん(旭中出身)のキャラクターが選ばれました。本日10月13日、eat愛媛朝日テレビにて17:00〜18:00のニュースで報道もされます。

 

2021年10月13日付愛媛新聞(掲載許可番号 d20211013-01)

 

この他にも、実はたくさんの楽しいキャラクターが生まれてまして、廊下でみんなを足止めしては、笑顔にしてくれてます。

 

有友さんと林さん作のキャラクターが、特殊詐欺被害防止のお役に立てますように!!

ブックトーク・メディカルトーク

 

9月17日金曜日 

愛媛県立図書館と愛媛県立医療技術大学から講師の先生をお招きし、「命」をテーマとしたブックトークとメディカルトークを行いました。

ブックトークでは、6冊の本を次々と紹介していただき、心や人権の観点から命について考えることができました。

メディカルトークでは、「寝たきり」の無い国デンマークのノーマライゼーションの考え方や、日本で車椅子生活を発信している方の活動を紹介し、改めてデザインとは何かを考える良い機会となりました。

2年生学年集会

 9月17日(金)2年生では学年集会が行われ、竹田先生の「利き木」の講話がありました。

5種類の木の匂い嗅いで、映画「となりのトトロ」に出てくる御神木を当てるクイズ!

 生徒は、嗅覚、視覚、触覚を頼りに利き木を楽しみました。

 

木工を専門とされる竹田先生ならではの講話で、生徒たちの感性が刺激されたことでしょう。

 

家庭クラブ活動 ーペットボトルキャップをお届けにー

 家庭クラブ活動の一環で、エコキャップ運動を行っています。

教職員・生徒のみなさん、いつもご協力ありがとうございます。

15kgほど集まったので、家庭クラブの会長と副会長が砥部町商工会へお届けに行ってきました!

このペットボトルのキャップは、世界の子どもたちのワクチン(ポリオワクチン)になります。

これからもこの活動を続けていきますので、ご協力をお願いいたします!

第59回 秋季大運動会

 

天候に恵まれ、最高の運動会日和。

今年の運動会テーマ『とべリンピック~金メダルは誰の手に!?~』です。

無観客での開催ですが、がんばっていきましょう

 

精一杯楽しむぞ!がんばるぞ!今日しかないぞ!

校長先生からオリンピックのような「元気」と「勇気」はもちろん、「笑い」や「感動」を   

             たくさんの場面で出会えることを楽しみにしています。と応援いただきました。

             

頑張りの数々をご覧ください。(他の方法でもご紹介できないか模索中です。)

 

   

   

 

  

   

  今年は、午前の部までに競技演目を終え、午後からパネル・チア・応援です。

 

 

 ここから、午後の部。

 

 

成績発表。上げたい歓声もぐっと抑え、拍手のみに。

限られた時間に追われるつらさ、やり切った達成感、しんどかった道中。いろんなことがよみがえって生徒会長の想いあふれるあいさつが素敵でしたね。

一人ひとりに金メダルをあげたいです!と校長先生からピッカピカのお言葉をいただきました。

最後はノーサイド!

とべぶんらしく、楽しく 仲良く 美しく!

生徒の皆さん、先生方、お疲れさまでした!今日はゆっくり休みましょうね!!

 

 

第二学期始業式

「あっという間に」、「いつの間にやら」、という感じで夏休みが終わり、今日からとべぶんは二学期です。

式の前に、表彰。

「ピシっ」 

コロナに加え、梅雨と見紛う長い雨、制限のあるオリンピックの開催と、ガマンの連続の夏休みでしたね、と校長先生。でも、二学期には芸術の秋、スポーツの秋が待っています。制限の多い開催となりますが、がんばりましょう!と応援の言葉をいただきました。

ド、ドーン!

夏休みの陶芸部

 

8月6日(金)陶芸部の2年生4名が制作した、絵付けのタイルを本館と特別教棟間の中庭床面に施工を行いました。

中庭には、経年劣化による剥離箇所があり、その剥離箇所の修繕を活動の目標にタイルの制作をしてきました。

 

タイルのデザインは、砥部分校西側を流れる砥部川が中庭に分岐し流れ、剥離箇所から中庭を泳ぐ魚が見えるようなデザインにしました。(フィクションです。)

 

施工箇所の掃除、周辺の補修、下地埋め、タイル貼り、仕上げと大変な作業ではありましたが、生徒は熱心に楽しく施工に取り組みました。

 

自分たちが制作した作品が、実際に使われることを経験できた良い活動となりました。

今後も引き続き、制作に取り組みたいと思います。

「知事とみんなの愛顔でトーク」

8月5日(木)、県内5高校の代表生徒が集い、「知事とみんなの愛顔でトーク」がWeb会議で開催されました。

本校からは3年生の重谷さんが参加し、砥部焼のPRや情報発信などについて質問しました。知事から若い窯元さんの新しい砥部焼への取組やバックアップ体制などについて説明していただきました。知事に直接質問するという貴重な経験ができました。今後、さらなる砥部町との連携や本校の特性を生かした砥部焼の魅力発信などの活動を充実させたいと思います。

 

 

 

夏休みの写真部「ピンホールカメラ体験」

ピンホールカメラとは、写真レンズを使わない針穴を利用したカメラです。

砥部分校では8月2日に写真部が「ピンホールカメラ体験」を行いました。

写真実習室の様子。砥部分校には写真の実習室があり、フィルム現像や印画紙の焼き付けをすることができます。

 

撮影・暗室作業の様子。写真左の手元に見えるのがピンホールカメラです。箱の中に印画紙をセットして、針穴から光を取り込み露光を行います。

暗室作業では「実験してるみたい。」と言う声もちらほら。集中していると時間があっという間に過ぎていきました。

出来上がった写真たち。モノクロ写真の味わいがあります。過去の現像したフィルムを使って、焼き付けの体験も行いましたにっこり

イラストレーション部校外展『ペチカの音』スタート!

 本日8月2日(月)から、愛媛CATV大手町オープンスタジオにて、本校イラストレーション部による校外展『ペチカの音』がスタートしました!

今年でペチカ展は第14回目を迎えます。今年のテーマは「音」です。イラ部の部員皆さんの個性豊かな作品で彩られました。

 ぜひ観に来てください!入場無料です!

 会場:愛媛CATV大手町オープンスタジオ1F

 会期:8月2日(月)~8日(日)9:00~18:00(最終日は15:00まで)

「文化部のインターハイ」、高文祭へいざ!

 第45回全国高等学校総合文化祭(令和3年7月31日〜8月6日)に、作品が選ばれた本校の3年生、中川歩さん(砥部中学校出身)が愛媛県代表として、デザイン科長の二宮先生と開会式に参加しました。

   

「文化部のインターハイ」と呼ばれる、高文祭(通称)。

我が校からの出場は本当に久しぶりです!

  

出発間際の様子をパチリ。良い刺激を受けてきてね。

 今年度の高文祭開催期間は、7/31(土)~8/6(金)です。和歌山ビッグホエールで行われる開会式の様子を追って載せていきます。

「文化部のインターハイ」と呼ばれる、総合文化祭。今回「紀の国わかやま総文2021」では、美術工芸部門以外にも、演劇や吹奏楽、将棋や弁論、小倉百人一首カルタ、自然科学ほか19部門の規定部門に加えて、特別支援学校、英語、軽音楽の協賛3部門の文化芸術活動に取り組む高校生が、日頃の成果を披露しました。

中川さんの入場時、スクリーンには坊っちゃん列車。

秋篠宮皇嗣殿下よりおことばをいただきました。

他校の生徒さんたちとも交流できて、よい作品に刺激も受けられて良かったですね。

後輩たちに、今回心に残ったことを、語ってあげてほしいと思います。

「美味しい情報」もね♪

 今回の総文祭参加は、コロナ禍において行く前からも行っている最中も何かと制限が多くて大変だったと思いますが、無事行程を終え、たくさんの見聞を得たことと思います。今後の活動にきっといい味を加えてくれるでしょう!中川さん、引率の二宮先生もお疲れ様でした!

令和3年度 一日体験入学

7月22日、今年は東は新居浜、西は伊方より70名の中学生の皆さんをお迎えして、一日体験入学を実施しました。

 

しおり表紙絵 (3年 佐藤来夢・久米中出身)

 

 

学校紹介では、週4回のクロッキーを実演で披露。慣れた様子で筆を走らせる過程を興味津々で見つめる中学生の皆さん。

【体験実習】

どのコースも、入念に準備をして、少ない時間で充実した体験を!という先生の熱意が伝わる空間。

保護者のみなさまと中学校の先生方には、その間、入試や入学後の生活についての懇談もありました。

先輩たちも、協力ありがとう!お疲れ様でした!

 

みなさんの「さわやかな目」にとべぶんはどう映ったでしょうか。もっと時間があれば!というコースもあったかもしれません。

また、別の機会に今日とはちがったとべぶんを見にきていただくのも楽しいと思います。本日は、ありがとうございました。

今日が、参加してくださった方々にとって、良き日となりますように!!

 

  

 

第1学期終業式が行われました。

令和3年7月20日に令和3年度表彰伝達・第1学期終業式が執り行われました。

 

表彰伝達では校内の各コンクールで成果を出した生徒や、全国高校生デザイン画コンクールでの受賞など校外の公募展で成果を出した生徒の表彰がありました。また、レタリング技能検定や日本語検定などの検定でも成果がありました。

梅雨も明けて夏の暑さが本格化してきました。まずは一区切り。骨休め、筆休めにっこり

夏休みに充実した時間を過ごして、行事の多い2学期に備えましょうね。

 

終業式の後には「1学期校内作品コンクール」の講評がありました。

 

最優秀賞 3年 中川歩さんの作品

講評では受賞者が「作品について」それぞれの言葉で話しました。教室や風景のありのままを表現しようとした人、自分の表現を追求しようとした人など様々な思いを聞くことができました。

作品を画像で比較している様子。どこが良いのか具体的に説明がありました。

2学期には県展制作がはじまります。講評の経験も生かして頑張ってくださいね了解

 

 

1年生性教育講話 演題「あなたに今、伝えたい」

 中予保健所より、講師として保健師2名の方をお招きしました。命の大切さを第一にして「思春期の体と妊娠の仕組み」「性感染症について」「SNSによる性被害の実例」など、豊富なスライドをもとに、ていねいに説明して頂きました。50分という限られた時間でしたが、1年生全員が真剣に聞き入っていました。夏休みに向けて、とても有意義な講話となりました。コロナ感染症対策でご多忙の中、本当にありがとうございました。

  

「1学期クラスマッチ」の様子

7月13日(火)に「1学期クラスマッチ」が行われました。

生徒会長あいさつ。「今日は楽しみたいと思っている人?」の質問に一斉に手が上がっています。はーい興奮・ヤッター!

準備運動をしっかりして、いざ本番。競技はバレーボールです。

普段は大人しい生徒も先生(クラスマッチの最後に優勝チームと教員が試合をしました)も今日は特別です。

教室のどこにいても聴こえてくるぐらいに、応援の声や歓喜の声が響き渡っていますお知らせ

どのチームもとっても楽しんでいましたね了解

 

 

「1学期作品コンクール」の投票

7月12日(月)に、先週行われた「1学期作品コンクール」の投票が行われました。

一つ一つのモチーフや構図が異なっていて、とても見ごたえがあります。

それぞれ良いと思った作品に投票しています。

結果が分かるのは1学期終業式です。

楽しみですね!

雨のおさまってきた作品コンクール

作品コンクールの後半。雨がおさまってきましたが、蒸し暑さが増してきました。

後半戦に備えたもぐもぐタイム。

時には離れて見ることも大切です。んーどこを描こうかな・・・。

6時間かけた作品が仕上がりました。見ごたえのある作品がたくさん並んでいますにっこり

みなさんお疲れさまでした。いっぱい働いた手や目もしっかり休ませましょう!

雨の作品コンクール

本日7月9日、雨。

作品コンクールは校内写生となりました。

小さいとべぶんにアーティストたちが点々と腰をおろす姿がありました。

雨音を浮かび上がらせる静寂を背景に、制作が進みます。

運動会結団式

運動会の結団式が行われました。

 

「紅龍」「珀鵬」の2グループで競い合います。

全校生徒がパネル・応援・チアダンスのパートに分かれ

夏休みを挟んで約2か月間の準備期間に突入しました。

9月5日(日) を乞うご期待。

 

家庭クラブ活動報告

 6月30日(水)に、第1回家庭クラブ講習会「防災ーポリ袋で非常食作りを学ぼうー」が、行われました。献立は、ポリ袋で作るご飯とツナカレーです。いろいろな非常食を見たり、実際にポリ袋を使ってご飯を炊きました。ツナカレーは、ポリ袋の中で混ぜて温めるだけで完成です。

 参加生徒からは、「初めてカレーにツナ缶を入れたので、どんな味か家で食べるのが楽しみです。ポリ袋で米が炊けるとは思いませんでした。」「簡単で楽しかったし、災害を意識できた。」「先輩や後輩と仲良くなれた。」などの感想がありました。

 避難訓練の後だったので、防災について考える良い機会になりました。

1学期の避難・防災訓練

 6月30日(水)、地震による火災発生を想定した避難・防災訓練が行われました。

生徒一人ひとりが身近な場所で安全を確保し、火災場所を避けた避難経路で避難しました。

また、全体での避難が完了した後に、各係で消火器や消火栓の場所も確認しました。

いざというときの準備、「心の準備」、「ものの準備」、家族との「連絡の準備」など、

再度確認してください。

 

今回は期末考査最終日に行われました。テストが終わってほっとしている時間の訓練でしたが、

みなさん迅速に行動できました。災害もテストも、日頃の準備がとても大切ですね。

皆さんテストもおつかれさまでしたにっこり

 

 

第1学期 クロッキーコンクール

 

第1学期のクロッキーコンクールが行われました。


[実施日] 6月7日(月)・8日(火)・10日(木)・11(金)の4日間

[条件] 
・描画材料は(B以上)とする。
・画面内に全身を入れる。
・モデルは制服を正しく着用し、教室中央を向く。
・ポーズは手を体の前で自然に組んだ「立ちポーズ」とする。 
・壁などにもたれたり、物を持ったりしないようにする。

 

 

クラスの投票を6月14日(月)に実施し、各学年において上位5名を入選者としました。
デザイン科教員が審査し、入選作品のうち優秀賞3点が選出されました。
 
 
 

    21R  阿部 穂奈美         21R 弘瀨 紗英           21R 渡部 琉歌
 


今回は2年生3名が優秀作品に選ばれました。2学期は1・3年生も優秀作品に選ばれるよう頑張ってください。

 

懸垂幕設置!

 6月18日(金)に新しい懸垂幕を設置しました!

 令和2年度の主な進学先について紹介しています。毎日毎日、実技対策をひたむきな姿勢で頑張ってきた先輩たち。今は大学での勉強を頑張っていることでしょう。今後の卒業生の成長が楽しみです。

 さらに今年は高校総合文化祭の全国大会に砥部分校から1名出場します!今年の全国大会は和歌山県で実施予定です。7月31日(土)の開会式で愛媛県代表を務めることにもなった中川歩さん。全国大会でレベルの高い作品をたくさん観て、刺激を受けて来て下さいね。今後の作品の変化が楽しみです。

 

とべぶん×FM愛媛「カモ☆れでぃ★Night!」ステッカー企画

FM愛媛「カモ☆れでぃ★Night!」という愛媛の10代を徹底応援する番組をPRするための番組ステッカーをとべぶん生徒が制作することになりました。6月18日(金)の放課後にデザイン打ち合わせ会を番組スタッフさんを交え実施しました。8名の有志で、それぞれのデザインコンセプトを話し合い今後のデザインの方向性を決めました。この打ち合わせの様子は番組でも取り上げられるので是非皆さん聴いて下さいね。今後どのようなステッカーになるのか楽しみにお待ちください。今週の水曜日の「カモ☆れでぃ★Night! 」でお会いしましょう。

 

 

1年生ケータイ安全教室がありました。

  

 NTTドコモ安全教室インストラクターの方から、ZOOMを使ったオンライン講義を実施して頂きました。

 高校生にとって身近で関心の高いスマホやSNSの使用上の注意点について、ていねいに教えて戴きました。

 便利なツールであるスマホも、使い方によっては友人関係のトラブルになることや、予期しない情報の拡散など、

自分を守るための大切な知識を得ることが出来ました。

 

 

 

美術系進学ガイダンスに参加しました。

 美術系進学ガイダンス(6月11日 松山コミュニティセンター)に1~3年の希望生徒が参加しました。
 令和2年度は、コロナ感染症の影響で校外ガイダンスが中止され、県外進学情報はオンラインが中心となりました。
 2年ぶりの校外ガイダンスは、感染症対策に留意しながら県外の大学・専門学校関係者と対面で説明を聞くことが出来ました。すべての参加生徒は、真剣に学校説明に聞き入って、積極的に質問していました。受験の参考となる作品や学生の活動した記録を間近で見ることができる貴重な体験となりました。

家庭クラブ活動報告

 6月10日(木)に家庭クラブの第1回奉仕活動を行いました。今回は、トイレットペーパーホルダーの洗濯と設置、トイレ掃除も行いました。参加者は、11人と少人数でしたが、みんな熱心に取り組みました。

参加した生徒の感想は、「初めてトイレ掃除をしたので、掃除の仕方がわからず戸惑いました。疲れたけど、きれいになったら気持ちがよかったです。2学期も頑張りたいです。」でした。

奉仕活動は、2学期もあるので、皆さん、ぜひ参加して学校をきれいにしましょう!

令和3年度デザイン講演会

 5月28日(金)6限目に全校生徒を対象にデザイン講演会を行いました。砥部分校では毎年、業界で活躍する方々に、ものづくりの実際について指導を受けています。今年度は講師として地元の企業である(株)LINK・WOOD・DESIGN代表取締役社長 井上大輔先生をお迎えし、「これからクリエーターを目指す若者にエールを!」という演題でお話いただきました。
「デザインは一人ではできない」ということ、デザインする人とお客様であるクライアントの関係が大切だと学ぶことができました。

井上先生、貴重なお話ありがとうございました。

前期生徒総会・家庭クラブ総会

 

5月26日(水)令和3年度 前期生徒総会と家庭クラブ総会が行われました。

今回は、視聴覚教室よりTeamsを使いリモートにて実施しました。

総会は、令和2年度行事・会計決算報告、令和3年度行事計画・会計予算案の審議や生徒からの要望事項報告、家庭クラブ総会では今後の活動内容の説明、研修の募集も行われました。

生徒会、家庭クラブ役員を中心に、全校生徒が学校生活をよりよくするため真剣に総会へ参加していました。

「命の授業」

5月21日、「命の授業」を実施しました。

公益社団法人被害者支援センターえひめの西川和子先生を講師にお迎えし、御自身の体験をもとに講演をしていただきました。

 感染症対策として、視聴覚室からTeamsを使ってのリモート講演でした。

 ご主人を交通事故で、そして息子さんまでも犯罪で失ってしまうという御自分の経験を、息子さんの等身大のメッセンジャー(パネル)とともに、時折涙を流しながらゆっくりと話されました。

生徒たちは、真剣に聞き入っていました。

 

 生きることの大切さを実感し、「いのち」を大切にしたいと心から思える講演でした。

 ありがとうございました。