ブログ

とべぶんBlog

文化祭

11月10日(土)、「つながる文化 新たな伝統」のテーマのもと、文化祭が開催され,500名を超える方々にご来場いただきました。

授業や部活動の作品や県展作品等の展示のほか、お茶席、食品バザー、有志の小物販売など、小さなお店も多数並びました。

砥部焼に絵付けをするワークショップも盛況。

体育館ステージ発表は、琴、演劇、ダンス、歌、コント…と盛りだくさんの内容でした。

午後のステージはファッションショー。3年生がデザイン・制作からモデルまで務めました。

 

ご来場くださった皆様のおかげで賑やかな文化祭となり、生徒の心に残る一日となりました。ありがとうございました。

 

地域に生き地域とともに歩む高校生育成事業④

砥部分校では、本校SSHの生徒が研究した釉薬を用いて、砥部焼アクセサリー(ブローチ)の商品開発を行っています。

[地域に生き地域とともに歩む高校生育成事業③]

 https://matsuyamaminami-h-b.esnet.ed.jp/blogs/blog_entries/view/8/4a23e23e75f4ccbd4f4ae3e9215ecb3c?frame_id=47

 

ブローチ完成まで

・陶芸班&グラフィック班

①ブローチの金具付け

 

 

 

 

 

 

完成したブローチに金具を取り付けています。

 

②台紙作り

 

 

 

 

 

 

 ブローチを取り付ける台紙折りと、裏側には説明文を貼り付けました。

 

③ブローチ完成

ブローチと台紙それぞれの準備ができたら、完成までもう一踏ん張り!

台紙にブローチを取り付けていきます。

 

 

 

 

 

 

この作業では、様子を見て心配になったM先生や他の生徒にもお手伝いいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんのお手伝いがあり、あっという間に取り付け作業ができました!

 袋詰めも手伝っていただき、全ての作業が無事に終わりました。

皆さんありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 実際に袋詰めができたイチョウのブローチです。(左:表側 右:裏側)

 

④販売ブースの設置

明日の文化祭に向けた販売ブースの準備を行いました。

 

 

 

 

 

 

それぞれのブローチが見やすく、手に取りやすいように設置しました。 

 

 

 

 

 

 

 こちらは、本校SSHよりお借りした釉薬の研究データです。

一式展示しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレゼンボードも何とかギリギリ間に合い設置することができました。

皆さんご苦労様でした。 

 

明日はとうとう文化祭です。

多くの方に興味をもってもらえるといいですね。

地域に生き地域とともに歩む高校生育成事業③

 

砥部分校では、本校SSHの生徒が研究した釉薬を用いて、砥部焼アクセサリー(ブローチ)の商品開発を行っています。

[地域に生き地域とともに歩む高校生育成事業②]

https://matsuyamaminami-h-b.esnet.ed.jp/blogs/blog_entries/view/8/569c8aaaf232d58411554b6da266b767?frame_id=47

 

これまでの活動(後半)

・陶芸班

①窯出し:素焼きを終えたブローチの窯出しをしています。

 

 

 

 

 

 

素焼きをすると、白い砥部の粘土がピンク色に焼き上がるんですよ!!

 

②削り:素焼きができた作品を再度きれいに仕上げてます。

 

 

 

 

 

 

ヤスリがけを終えたら、スポンジで削り粉を綺麗に拭き取ります。

 

③釉薬掛け:SSHが研究した釉薬を調合して、釉掛けをしました。

 

 

 

 

 

 

一つ一つ丁寧に釉薬を掛けています。

 

 

 

 

 

 

かなりの量です...。

 

④窯詰め:釉薬を掛け終えたブローチを本焼き(1200°以上で焼きあげる作業)の窯に詰めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

きれいに並べられてます。

焼く前の釉薬は灰色をしていますが、

さあ、どんな色に焼けるのでしょうか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 じゃじゃーーーん!!!

 どうですか?綺麗に焼き上がったと思いませんか??

 

この後、裏側を綺麗にして金具をつければブローチの完成です!

 

 

 

・グラフィック班

①パッケージの制作

 

 

 

 

 

 

パッケージの台紙ができあがり、手作業でカットしています。

こちらもかなりの量です...。

 

 

 

 

 

 

 

カットを終えた台紙の裏側には、ブローチの説明を貼り付けました。

 

②プレゼンボードの制作

 

 

 

 

 

 

資料の内容も充実してきました。

まもなく完成かな??

 

 

後は、ブローチの袋詰めとパネルを完成させるのみ!

もう一踏ん張りです。 頑張りましょう!!

 

地域に生き地域とともに歩む高校生育成事業②

 

砥部分校では、本校SSHの生徒が研究した釉薬を用いて、砥部焼アクセサリー(ブローチ)の商品開発を行っています。

[地域に生き地域とともに歩む高校生育成事業①]

https://matsuyamaminami-h-b.esnet.ed.jp/blogs/blog_entries/view/8/3a0b9d0841c99764b086ec9bf5f47504?frame_id=47

 

陶芸班では前回のブローチの試作品から形と色の改良を行い、グラフィック班ではロゴマークとパッケージ案を考えました。

 

 

 

 

 

 

 それぞれのアイデアを合わせて、完成に向けた制作を行いました。

 

 

これまでの活動(前半)

・陶芸班

陶芸班では、(イチョウ)・(障子山)・(まる①)・(まる②)の4種類のブローチの形が決まり量産に移りました。

 

①石こう型の制作:同じ形を大量に作るため、石こう型を作りました。

 

 

 

 

 

 

粘土を型に詰めることで、同じ形のブローチがいくつもできるようになりました。

 

②成形:石こう型を使って、量産しています。

 

 

 

 

 

 

 型を抜いた後に、表面に模様も付けています。

 

③削り:型から抜けたブローチの形を整える作業をします。

 

 

 

 

 

 

一つ一つチェックを行い、形を整えています。

 

成形までの仕上げを終えたブローチです。

 この後、乾燥して素焼き(900°で焼き締める作業)をしました。

 

 

・グラフィック班

①ロゴマークの制作

「とべのめぐみ ~南校の歴史つめこんでみました~」とネーミングが決まり、

いくつものアイデアスケッチを行いロゴマークを完成させました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イチョウをモチーフにしたデザインとなっています。

 

②パッケージのデザイン

市販のパッケージを参考に、ブローチがより良く見えるようにデザインしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレゼンボードの作成も分担して進めています。

 

 

後半へつづく。

 

県展表彰式

第67回秋季県展表彰式がANAクラウンプラザホテル松山(旧 松山全日空ホテル)で行われました。

入賞した生徒諸君、おめでとうございます。

砥部分校生徒の入賞作品はTOBEBUN Galleryに掲載しています。