ブログ

とべぶんBlog

第1学期終業式

本日、第1学期終業式がありました。(しおり表紙イラスト 3年 田川 紗雲)

 

式の前には表彰式があります。

校長先生から「2分で終わりますね」と。「行動変われば習慣→品格→人生が変わる」というお話がありました。夏休み、人生が変わる最初の1歩になるといいですね。

 

休憩をはさんで、作品コンクールの講評が始まりました。

最優秀、優秀部門に輝いた作品は先生から講評を、また、作者からはそれぞれコメントを。

そして、その輝いた3作品。

   また、優秀賞に選ばれた作品も講評いただきました。力作ぞろいです!

 

 

 

惜しくも賞には届かなかったけれど、きらりと光る部分を紹介してもらった頼もしい作品たち。

 

 

 

講評が終わると、絵の前でいろいろ話しこみます。とても大切な時間です。

夏休みも、やることたくさんで大忙しのとべぶん生ですが、いい夏休みになるといいですね!

作品コンクールの投票

作品コンクールで描いた絵の中から、みんなの投票とデザイン科の先生たちの話し合いでいくつかの作品が選ばれます。1学期の終業式には、そうして選ばれた絵を鑑賞しながら、先生の講評や作者の感想を聞けるのが楽しい恒例となっています。去る7月9日にその投票がありました。

 

 

 

 

投票は公正に行われ、各票は正確に数えられ...

  

 

作品は先生方に「あーでもないこーでもない」と審議され...

明日はいよいよ終業式。今日はみんなの頭の中で、ダララララララーっとドラムロールが鳴ってるのでしょうか。楽しみだなあ!

クラスマッチがありまして。

13日の金曜日、何もしなくてもダラダラ汗をかくような日にクラスマッチがありました。

 

熱中症とケガには気をつけようと呼びかけられた模様。そして、諸注意。

 

 

運動が好きな人もそうでない人も、同じようにコートに入り、ボールがあっちこっち跳ねるたびに、ワーワーキャーキャーなどと言うのです。楽しいではありませんか。

 

 

 

 

夏休みを目の前に、大きなケガもなく楽しいクラスマッチになって良かったですね^^

多摩美術大学進学説明会, そして...

7月10日、多摩美術大学の進学説明会が行われました。センター入試広報課長の川村光二先生がお越しくださり、笑顔盛りだくさんのお話を聞くことができました。

 

参加したのは、1年生全員と2年生の美大受験コースの皆さん。そして、保護者の方も希望によりご参加いただきました。

 

「企業のトップはなぜデザイナーを頼るのか」企業の抱える課題を解決し、成果を出すからです。頼られるデザイナーを数多く輩出してきた多摩美の発する言葉は説得力がありました。

 

 

気になる卒業後の進路ですが、特に芸術分野への就職が多いということもなく、その職種は多岐にわたるのだそうです。言ってみれば、美大を出たから就職する分野が制限されるようなことはないということです。「将来を思うと芸術系の大学は...」という心配はあまり必要ないかもしれません。

     

そして、『研修旅行、その後』

 

先月の研修旅行には、レポートの提出という課題がありました。少し前のことになるのですが、デザイン科らしい素敵なレポートを見つけたので、いくつかご紹介します。

 

おしゃれな雑誌のようなレイアウト、文字一つとっても、細部まで丁寧で見ごたえがあります。

 

自分たちが楽しむだけでなく、レポートを通して、周りの人もこんなふうに一緒に旅を楽しめるなんて素敵です。

 

中には論文みたいな凄いのも!これでも頑張ってかなり削ったんですって。