ブログ

とべぶんBlog

『夏の思い出』 ~ユン先生と愉しむ~

この夏、多摩美術大学からユン・ヒチャン先生がお越しになり、20名の希望者が授業を受ける機会を得ました。

授業のテーマは「顔料(絵の具)作りから絵画表現へ」。計3日にわたる体験型の授業でしたが、暑い中にもかかわらずみんなとてもいい顔で参加・活動していました。  

《砥石山~重信川》

     

いろんな場所でサンプルとなる石を見つけて色比べをしてみる

     

《加茂川にて》

高校生の間に大学レベルの研究活動に触れることで、創作活動への探求心が深まり、大学教育への移行をスムーズにすることが期待できます。

         

《学校にて》

学校では、原料の粉砕と色観察を。

         
     
 

手間も暇もかけた1枚は、市販の絵具では出せない格別の味わい。

       
 
               

参加した生徒のみなさんはもちろん、ご覧になったみなさんが、今後の学習・創作活動への意欲づけに、そして、大学教育への興味・関心が深まるきっかけになったなら素敵なことです。

デッサン講習会

45名の中学生の皆さんをお迎えして、デッサン講習会が開催されました。

3時間の講習でしたが、中学生の皆さんの集中力に驚かされました。

 

国際交流お見送り会

7月27日(金)に行った、砥部分校絵付け体験に参加した海外の高校生を、 先ほど松山空港までお見送りに行ってきました。

 

開会式の様子

 

 

 

作品贈呈

 

1人1人に直接お渡ししました。
 

 

   

固い握手を交わしています。

 

作品の贈呈が終わり、3年生の酒井有香が、生徒代表でお別れの言葉を伝えました。

 

 

 

海外の高校生からも、お礼の言葉をいただきました。

短い期間でしたが、日本を堪能することができたみたいでよかったです。

 

 

 

そして、お別れの時間。

 

 

 

わかりづらいですが、女子生徒同士、熱い抱擁を交わしていました。

 

 

海外の高校生の皆さん。

 

また日本に来てくださいね。

地域に生き地域とともに歩む高校生育成事業①

今年の4月より、砥部分校では、地域に生き地域とともに歩む高校生育成事業「砥部焼の魅力再発見プロジェクト」に取りかかりました。

 

この事業は、松山南高本校と砥部分校の合同企画で行っており、

本校では、シンボルツリーである「イチョウの木」を使った釉薬(焼き物の表面を覆うガラス化したもの)の研究。

分校では、本校が完成させた釉薬を使って、砥部焼アクセサリーの商品開発。

この2つを目標に事業が始まりました。

完成した商品は、文化祭で発表を行う予定です。

 

これまでに、本校ではSSHの陶芸班3名がこの事業に取り組み、基礎となる釉薬を完成させました。

この基礎釉薬を基に、スクールカラーの紫色を目指して、新しい釉薬の開発に現在取り組んでいます。

上:イチョウの葉を使った釉薬 

下:イチョウの枝を使った釉薬

 

 

分校では、この事業に3年生課題研究より5名の生徒が携わることとなり、

まずは、どんなアクセサリーを作るか話し合いを行い、次に試作を行いました。

 

①粘土成形

それぞれアイデアを基に、試作品を制作。

土の山...なかなか思うようにはいかないみたいです。

 

お!何となく形になってきたかな??

 

②ヤスリ磨き

1度素焼き(900°で焼き固める焼成方法)を行い、表面を綺麗に磨いてます。

地味ですが、作品の良し悪しにつながる大事な作業です。

 

③釉薬の調合と釉掛け

それぞれの作品に、どの釉薬を掛けるか検討中を行い、

 

本校の制作した釉薬を基に、原料の調合

0.1gまで細かく計算しています。

 

  そして試作品に釉掛けをしました。

 

 

④試作の完成

昨日、本焼き(1250℃で釉薬を溶かしガラス化させる焼成方法)が終わり、試作品が完成しまました。

まずまずのできかな??

今後は、この試作品を生かして、よりクオリティの高いアクセサリーができるのが楽しみです。

 

この事業に携わる生徒は、明日から2日間、有田焼で有名な佐賀県への研修旅行に行ってきます。

他の焼き物の産地がどんなことをしているのか、自分の目で見て、いい刺激が得られることを期待しています。