お知らせ

◎デザイン科の特徴

 砥部分校では、グラフィックデザイン・クラフトデザインを中心に専門的な学習をします。1年生では工業技術 基礎、デザイン基礎、情報技術基礎、製図、デザイン技術、美術など様々な分野の学習を通して、自分にあったデ ザインのジャンルを探ります。2年生になると、実習Iが三つのコースに分かれ、さらに3年生では五つの卒業制作 のコースに分化していきます。3年生ではカリキュラムの約半分が専門科目ですが、受験に普通科目が必要な場合は、 国語や英語などを選択することもできます。定員は40名です。


コース選択の流れ  (平成30年度入学生)

courseTree.png

 

カリキュラム  (平成30年度入学生)

curriculum.png

 


 

◎各学年で学ぶ内容  (平成30年度入学生)

1年生 基礎の学年

1年生の専門科目

  • ○工業技術基礎(印刷・レタリング・陶芸・木工)
  • ○製図
  • ○情報技術基礎
  • ○デザイン技術
  • ○デザイン基礎
  • ●美術I

 1年生は基礎の学年です。工業技術基礎やデザイン基礎では、グラフィックデザインやクラフトデザインの 基本的な技術を学びます。また、情報技術基礎では、コンピュータの基本的な操作とソフトウェアの使用を、 美術では物の見方や表現方法などを、課題を通して実践的に学びます。 2年生でのコース選択に向けて、自分が何をしたいのか、何が得意なのかを確かめる学年です。

2年生 応用の学年

2年生の専門科目
  • ○デザイン実習I([グラフィックデザイン]or[クラフトデザイン]or[美大受験])
  • ○デザイン基礎
  • ○デザイン技術
  • ●総合的な学習(資格取得・インターンシップ)

2年生は応用の学年です。デザイン実習Iがグラフィックデザイン、クラフトデザイン、美大受験の三つのコースに分かれます。グラフィックデザインでは、デザイン計画、CG、写真・印刷の三つの 講座を経験します。クラフトデザインでは、セラミック(陶芸)の講座を1年間かけて専門的に学習します。 美大受験コースでは、年間を通じて、受験での実技を想定しデッサンを中心に学習します。

3年生 発展の学年

五つの卒業制作コースと3年生の授業

 3年生は発展の学年です。3年間の集大成である卒業制作のために、5つのコースが用意されています。 11月の文化祭以降、約3か月をかけて卒業制作に取り組み、作品は「卒業制作展」として愛媛県美術館 に展示します。また課題研究では、各自がテーマを決めて文化祭で発表する作品を制作します。

 デザイン史、デザイン技術などの講義を通して、デザインについての知識や理論もさらに強化します。

 


 

◎どんなコースがあるの?

グラフィックデザイン Graphic Design

gd_icon.png

 視覚伝達を目的としてポスター・イラストレーション・立体作品などを制作します。 美術系大学や専門学校に進学する人も多いコースです。


コンピュータグラフィックスI  Computer Graphics I

cg1_icon.png

 コンピュータの画像処理ソフトを使用し、ポスターやイラストレーションなどの平面作品を制作します。 デザイン関係への就職を希望する人はこのコースを選択すると有利です。


コンピュータグラフィックスII  Computer Graphics II

cg2_icon.png

 アニメーションなどの制作をしています。アニメーション制作ではアイデアスケッチから 絵コンテ、撮影加工、編集、音楽、小道具制作など様々な分野の知識と作業を経て、毎年 ハイレベルな作品を生み出しています。


美大受験 Art College Preparatory

acp_icon.png

 美術系大学進学希望の生徒を対象に、実技試験対策のために設置されているコースです。 普段は、デッサン、水彩画、油絵、平面構成など、大学入試を想定した課題に取り組みます。 卒業制作では、そこで身に付けてきた表現力を生かし、大作に挑戦します。 立体作品や映像作品を制作する生徒もいて、卒業後の自己表現を模索します。


セラミッククラフト Ceramic Craft

cc_icon.png

 砥部の磁土や信楽の陶土を使い、食器を中心に花器や照明器具、時計、オブジェ作品などを 制作します。また、県展の工芸部門には全員出品し、毎年入賞・入選しています。